FC2ブログ

白鷺

 東山動物園編,続き。

01074.jpg

 バードホールには白鷺もいた。白鷺,というのは白い鷺の総称で,これは正確には小鷺である。記憶が不確かだが,以前ホロホロ鳥がいた頃は小鷺はいなかったと思う。代わりに入れられたのだろうか。ちょっと分からない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影。トリミング。

[編集]

狸のうたた寝

 東山動物園編,続き。

 2月も後半に入り,動物たちも春の暖かな日差しの中にいる。

01076.jpg

 狸もいた。ここにいるのはホンドタヌキである。あくびをする姿が可愛らしい。どことなく愛嬌があり間が抜けているようでつい抱きしめたくなるが,近付くとちょっとくさい。

01075.jpg

 こっちは日だまりでウトウトしていた。無邪気で可愛いですねえ。癒されます。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

銀の猿

 東山動物園編,続き。

 毛の白いニホンザルがいた。

01077.jpg

 おばあさんだろうか。

 どことなく気品があって,気に入った。

01078.jpg

 まだ元気にしてるかなあ。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

サスカッチ

 東山動物園編,続き。

 サスカッチ,というのは東山動物園の雄の北極熊の名前である。

01080.jpg

 べたっっと寝そべって骨らしきものを齧っている。

01081.jpg

 …ンが。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

アシカの昼寝

 東山動物園編,続き。

01084.jpg

 カリフォルニアアシカもこの日はよく昼寝をしていた。

01085.jpg

 ここまでは良いとして…(次回に続く)

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

アシカのヨダレ

 東山動物園編,続き。

01087.jpg

 ここまでダラーと垂れていると撮らずには済ませられまい。

01086.jpg

 苦手な人ごめんなさい。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

コビトカバの視線

 東山動物園編,続き。

 コビトカバのお食事中にお邪魔した。

01088.jpg

 ちょっと怪訝そうに一瞥された。

 失礼しました。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ゴリラ襲来

 東山動物園編,続き。

 ゴリラの所にいったら,

01089.jpg

 猛然と向かってきた。

01090.jpg

 間には溝があってこちらに届くはずはないのだが,この一瞬ほど恐怖を感じたことはない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

鼻くそゴリラ

 東山動物園編,続き。

01091.jpg

 ほじって,

01092.jpg

 食べる。

 ちょっと塩味。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

小枝でほじる

 東山動物園編,続き。

01093.jpg

 ゴリラが木の穴を小枝でほじっていた。餌の虫でもいるのだろうか。ただ,この時は,何かを釣り上げて食べるところまでは見られなかった。単に遊んでいただけなのかもしれない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

シャーマン・ゴリラ

 東山動物園編,続き。

01095.jpg

 葉の付いた木の枝をゴリラが弄んでいる。

01094.jpg

 これからお祓いでも始めるかのようで,シャーマンを思わせる。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

用心棒

 東山動物園編,続き。

01097.jpg

 前回と同じゴリラだ。さらにアップで撮ると風格が違う。時代劇に出てくる用心棒か山賊の頭領のようだ。

01096.jpg

 霊長類はいつ見てもいい表情をしていて,期待を裏切らない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

だらだらカンガルー

 東山動物園編,続き。

01098.jpg

 カンガルーたちのこの表情は,一体何なのだろう?

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

日曜日のお父さん

 東山動物園編,続き。

01099.jpg

 カンガルーたちはみな日曜日のお父さんのようで,

01100.jpg

 それがこの日はしきりと痒がっていた。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

背中が痒い…

 東山動物園編,続き。

01101.jpg

 ダニでも流行っているんだろうか。このカンガルーもやたらと痒がっていた。とにかく背中がたまらなく痒いらしい。前足を後ろに回してボリボリ掻いている。

01102.jpg

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

春眠のハクビシン

 東山動物園編,続き。

01103.jpg

 春先の日差しの中で,ハクビシンが木の枝に顎を乗せて無邪気に寝ていた。かなり待ったが起きてくれない。この子にとっても春眠は値千金なのであろう。寝顔だけをカメラに収めてこの日はここを後にした。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

リス小屋

 東山動物園編,続き。

 こども動物園のそばに「小鳥とリスの森」がある。そこも,以前述べたバードホールと同じで,巨大なリス小屋の中にリスが飼われていて,柵や網越しでなく彼らの姿を見ることができる。

01104.jpg

 リスたちはせわしなく走っているので写真を撮るのが難しかったが,人を恐れることが少ないので,一箇所でじっと待っていればシャッターチャンスは訪れる。

 とはいえ,自分のことをいえば,もう少し腕を磨いてベストショットといえるものを撮りたかった気がしている。そうならないまま北海道に来てしまった。だから,いずれまた東海地方に戻った時は,また東山動物園に通いたいと思っている。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

コジュケイ

 東山動物園編,続き。

01105.jpg

 小鳥とリスの小屋には,もちろん,小鳥たちもいる。写真はその中のコジュケイである。

 ちなみに,動物園のHPによれば,ここにいる小鳥は「オシドリ、オナガ、カケス、キジバト、クロツグミ、コジュケイ、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、マヒワ、ムクドリ、メジロ、ヤマガラ、ルリビタキなど」ということだ。

 ぼくにはそのほとんどの見分けがつかない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

すすむ君

 東山動物園編,続き。

 こども動物園エリアには,家畜類がたくさんいる。その中にはヤギもいて,

01106.jpg

 狭い柵の中でこんなふうに仲良くしている。

 それぞれ名札を首から下げている。

01107.jpg

 この不敵な面構えの子はすすむ君といった。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

サン君再登場

 東山動物園編,続き。

 東山動物園のライオンは,オスとメスが交互に外に出てくる。

01108.jpg

 雄ライオンはのサン君は,この日は,午後の早い時間帯に出ていた。残っているデータを見ると,少なくとも13時03分から14時12分までの間はサン君が外に出ていたことが分かる。午前中と午後の遅い時間はどちらも雌ライオンだった記憶である。

01109.jpg

 毎日このスケジュールなのだとすれば,サン君が外にいるのが見たければ昼食後すぐに行けば良いことになる。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

蘭丸

 東山動物園編,続き。

 蘭丸,というのは東山動物園編のドールシープの名前である。

01110.jpg

 日本では東山動物園にしかいないらしい。獣舎に入ったり遠くで寝ていたりしてなかなか撮れなかったが,この時すでに札幌への異動が決まっていたので,近くに来るのを粘って待った。

01111.jpg

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

忍者の頭領

 東山動物園編,続き。

 オランウータンがジャングルジムのてっぺんで遠くを睨んでいる。

01112.jpg

 まるで,物見櫓の屋根の上に立つ忍者の頭領だ。その威容に,無性に感動を覚えた。この写真が,今回の東山動物園では一番気に入っているもののひとつになった。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

森の人

 東山動物園編,続き。

01113.jpg

 オランウータンのこのゆったりした動きと穏やかな表情が,このうえもなく好ましく思える。

01114.jpg

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

寄り添うシマウマ

 久々に東山動物園編の続きをやりたい。

 昔は好きだったのに今では何だか珍しくもなくつい見ずに帰ってしまう動物が,何種類かいる。シマウマもそのひとつだ。これまであまり撮ってこなかった。コアラや猿や鳥たちを優先させてきたという事情もある。

01115.jpg

 が,改めてレンズを向けてみると,難しい。どうもうまく撮れないのである。そういえば以前札幌競馬場に行った時も,構図や露光時間のツボが分からず困った記憶がある。

01116.jpg

 それで,最近ちょっと,馬たちを上手に撮れる方法を探し中である。そのことはいずれまた。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

とげとげ

 東山動物園編,続き。

01117.jpg

 このトゲトゲの生き物,なんだったかなあ…。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

バッファロー

 東山動物園編,続き。

01118.jpg

 前々回書いたシマウマと並んで,どうも撮り方の分からないのがこのバッファローである。

01119.jpg

 いずれちゃんとした写真が撮れたらまたアップします。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ティアラ

 東山動物園編,続き。

01154.jpg

 今度のコアラはティアラちゃんである。アーチャー君とはずいぶん顔立ちが違う。鼻の色など一見して違いが分かる。この子も,なかなかの美人さんだと思う。また会いに行きたいものだ。

01155.jpg

※ 写真はオリンパスE-30 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ティアラの木登り

 東山動物園編,続き。

01156.jpg

 コアラの木登りはなかなか素早い。彼らは寝ていることが多く,運が悪いとかなり待っても木登りの様子は見られないが,できれば一度は見てみたい姿だ。薄暗い中で撮影するのはブレるので難しいけれど。

01157.jpg

※ 写真はオリンパスE-30 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

小鳥とリスの森

 東山動物園編,続き。

01173.jpg

 もぐもぐ。

01174.jpg

 ぶるる。

※ 写真はオリンパスE-30 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

キビタキ

 東山動物園編,続き。

01158.jpg

 小鳥とリスの森に,キビタキがいた。黄色の眉毛が凛々しい。不敵な面構えだ。それが,幼い少年が背伸びをしているようで,とても可愛く感じる。

01159.jpg

※ 写真はオリンパスE-30 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク