スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

シントラの王宮

 ポルトガル編,続き。

 リスボン滞在3日目は,鉄道でシントラに行った。

04466.jpg

 8月16日のことで,この日は列車がロシオ駅から30分おきに出ていた。8時ちょうどの電車に乗れなかったので一度駅を出て近くのカフェで朝食を済ませ,改めて8時30分の列車に乗る。

04467.jpg

 シントラでは周遊バスを使って王宮→ムーアの城塞→ぺーな宮殿の3か所を回る。『地球の歩き方』には周遊バス(434番)やロカ岬に行く403番線に乗り放題の1日券が10ユーロと書いてあるが,値上がりしていて12ユーロになっていた。

04468.jpg

 この写真は次のムーア人の城塞から撮ったもの。右上の一群の建物が王宮である。その右側に,ちょっと重なっていて分かりにくいが2本の白い塔がある。これは調理場の煙突で,この王宮を特徴づける設備になっている。

04469.jpg

 王宮の部屋には天井画のモチーフの名前を取ったものが多い。
 天井画が白鳥なら白鳥の間。

04470.jpg

 天井画が人魚なら人魚の間。

04471.jpg

 ガレー船ならガレー船の間といった具合である。

04472.jpg

 貴族の紋章が天井に描かれ壁にはアズレージョをあしらった豪華な部屋もある。

04473.jpg

 説明書きには「ビョンボ」と書かれていたが,ビョウブ(屏風)のことである。

04474.jpg

※ 写真はE-PL5で撮影
スポンサーサイト

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。