FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

国立マシャード・デ・カストロ美術館

 ポルトガル編,続き。

 新カテドラルの隣には国立マシャード・デ・カストロ美術館がある。

04340.jpg

 我々は12時15分にこの美術館に入った。『地球の歩き方』では「おもなコレクションは彫刻や宗教画など。なかでも『中世の騎馬像』は有名だ。地下にはローマ時代の地下堂があり,薄暗い中にところどころ当時の遺物が置かれている」と書かれていた。この記述を読んで,そう大した分量はないものだと早合点した。

04341.jpg

 が,「中世の騎馬像」(上の写真)を12時35分に見た後も順路に従って延々と展示が続き,かなり速足で回ったにもかかわらず,外に出られたのは午後1時05分だった。足を止めて鑑賞したのはせいぜい20体に1体程度に過ぎない。それで入口から出口まで50分もかかっている。もしじっくり見ていれば,3時間はかかるに違いない。

04343.jpg

 この美術館に入るなら,時間と体力が十分残っているかどうかをよく確かめてからのほうがいい。

※ 写真はE-PL5で撮影
スポンサーサイト

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。