FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

テイラーズ

 ポルトガル編,続き。

04281.jpg

 テイラーズというワインセラーを見学した。

04282.jpg

 入口を入るとブドウの木が植えてある。もっとも,ポートワイン(ヴィーニョ・ド・ポルト)のブドウはドウロ川上流で穫れたものを使うので,ここにワイン用のブドウ畑があるわけではない。ただ,ワインセラーに来たという気分を最初から盛り上げてくれる。

04283.jpg

 セラー見学は,ツアーに申し込む。ここでは英語のツアーとスペイン語のツアーがある。英語のツアーのほうは50分待ちだったが,スペイン語は夫婦ともども聞き取れないので,英語の方が始まるまで待つことにした。その待ち時間,白のポートワインの試飲をさせてくれる。ブランデーの香りと上品な甘さに,既に酔い始めている。

04285.jpg

 ポートワインと言えば甘いので有名で,実はこれまで,あまりいいワインではないと思い込んでいた。しかし実際に飲んでみると意外と上品で,この味を知ってしまうとついつい食前・食後に飲みたくなる。ちなみにポルトワインが甘いのは途中で発酵を止め,ブドウ糖を分解されずに残しているからである。ブランデーを加えるためにアルコール度数は20度程度と高い。

04286.jpg

 見学後は赤のポートワインを2種類試飲させてくれる。ルビーとタウニー。「ルビー」は最も若い,一般的なポートワインである。タウニーはもっと長い間熟成させたもの。他にもレゼルヴァ,コリェイタ,ヴィンテージ,レイト・ボトルド・ヴィンテージなどのランクがある。それに応じて値段も違うが,我々にはルビーでも十分おいしいと思えた。

04287.jpg

 テイラーズには庭園もある。そこにはなぜか,クジャクの母子が住んでいる。そういえば以前トルコのドルマバフチェ宮殿に行った時もクジャクが放し飼いにされていたし,この後に行くリスボンの酸。ジョルジェ城にもクジャクの群れがいた。ヨーロッパではクジャクを庭で飼うという行為に何か特別な意味があるのだろうか。

※ 写真はE-PL5で撮影
スポンサーサイト

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。