FC2ブログ

姫路城と展示品

 2014年5月11日,姫路城に行ってきた。

04174.jpg

 この時点ではまだ改修工事が終わっていない。今年(2015年)の3月に工事は全て終了する,というのがこの記事を書いた時点(2014年8月)での最新情報だ。ということはこれを公開する時点ではもうクレーン車も足場もなくなっているということになる。しばらくは観光客が増えるに違いない。また落ち着いた頃,今度は夕焼けか朝焼けを背景に撮影しにいきたいと考えている。

04175.jpg

 写真や絵で見ると分かりにくいが,屋根瓦が思った以上に白い。白すぎるのではないかという議論が一部にあるほど高い明度で燦然と輝いている。もっとも,時間が経てばこれも渋くなるのだという説もある。岡山城なども再築当時(昭和41年)はピカピカしていて品がないと酷評されたらしいが,今ではなかなかいい味を出している。それを思えば姫路城も,100年後の人が見て納得してくれる城であればそれでいいのかも知れない。

04176.jpg

 構内には幾つか展示もある。歴代の鯱も飾ってある。江戸時代のものが1つと明治時代のものが2つ。それぞれ微妙に様式が違っている。展示は平成23年7月から当分の間ということで,いつ終了するか分からない。

04177.jpg

 黒田官兵衛の兜(複製)もある。赤漆塗合子形兜(あかうるしぬりごうしなりかぶと)。私は司馬遼太郎の『播磨灘物語』を読んだことがある。司馬の小説の記述は素人にも分かりやすく工夫されていて大変読みやすいのだが,それでも武具や紋章などは写真で見ないとどんなものか分からない。そして写真で見るより(複製であっても)本物を見るに越したことはない。写真はブレブレの失敗作だが,一応展示があったことに触れる以上,載せておくことにした。

04178.jpg

※ 写真はE-PL5で撮影
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク