FC2ブログ

『螺鈿迷宮』【15】

 海堂尊『螺鈿迷宮』(角川文庫)を読んだ。

 テレビで放送されているものの原作だ。「立花」という人物が碧翠院桜宮病院を訪れてから行方不明になったのでその謎を解く,そこに立ちはだかるのは桜宮巌雄院長と2人の娘,という構図は同じだが,ストーリーの重要な部分の変更もかなり多い。だいたい主人公が違っている(小説では天馬大吉が語り手だが,テレビシリーズでは田口公平=白鳥圭輔のコンビで話が展開する)。

 面白かったので関連作品を調べてみた。海堂作品は,ある作品の設定がそのまま他の作品でも生きていて,同じ登場人物があちこちに顔を出し,ある作品の事件が別の作品で語られたりもする。それが「桜宮サーガ」と呼ばれる一大ワールドを展開しているらしい。『螺鈿迷宮』の語り手・天馬大吉も別の作品に顔を出すようだし,過去の時点を舞台にした作品には桜宮巌雄も登場するようだ。

 伊坂ワールドの作品館の繋がりをより強くしたような印象を持つ。ムアコックに近いかもしれない,というと語弊があるか。とにかく何だか嬉しくなった。こうなると,俄然,全作品を読みたくなる。また本棚がいっぱいになりそうだ。作者の術中にはまっていることを意識する。それがまた心地いい。
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク