FC2ブログ

『池上彰のやさしい経済学』【9】

 『池上彰のやさしい経済学』(日経ビジネス文庫)を読んだ。

 羽田空港で買った。宇都宮に行って来て,『海辺のカフカ』の上下巻をどちらも読み終えてしまったからである。小説ばかり読んでいてもと思って手に取ったのがこの『やさしい経済学』だった。NHK教育の「オイコノミア」が毎回面白いので,経済学の本を何か1冊読んでみたいと思ったという事情もある。

 最初のほうは「分かりきったことが書いてあるなあ」という印象で途中で放棄しようかと思ったが,読み進んでいけば,アダム・スミス,マルクス,ケインズ,フリードマンの4人の経済学者の学説を分かりやすく解説してくれていてそれなりに面白いし,譬え話やコラムもよく工夫されている。

 個人的には内容が軽すぎる気がしたが,公平に見て600円の価値はあるように思われた。
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク