FC2ブログ

セルチュクの子猫

 2013年夏トルコ編,続き。

 エフェス遺跡に行くためにセルチュクに泊まった。この街には1泊しかせず,24時間未満の滞在だったが,いい印象が残っている。

 宿に荷物を置いてすぐ,路地を歩いていると,8歳くらいの少年が2人近寄ってきて「フォト,フォト」と声を掛けてきた。写真を売りつけようとしているのかと思っていたらそうではないらしい。しばらく話していると,自分たちを撮ってほしいのだということが分かった。写真を撮ってそれを見せてあげたら,彼らは満足してどこかに行ってしまった。それだけの接点に,ふんわりとした思い出ができた。

03836.jpg

 昼食も良かった。上の写真は夕食なので違うのだが(紛らわしくて申し訳ない),エフェス遺跡に行く前の昼ごはんは「Tat」(タト)という名前の食堂で取った。『地球の歩き方』では「クルド人家族が20年近く営業している人気レストラン」と紹介されている店で,味も確かでしかも安い。昼から「エフェス・ピルゼン」というビール片手に煮込みハンバーグを楽しんだ。

03837.jpg

 夕方はホテルで教わった店に行った。ホテルでは「ザ・ナンバー・ワン・レストラン!」と太鼓判を押されたところである。残念ながら名前を忘れてしまった。

03838.jpg

 店には猫がいる。たくさんいる。こちらを見上げてニャアと鳴く。あげないよと言ったらまたニャアと鳴く。この上目遣いがたまらない。ついつい,肉を2切3切れ取り分けて,彼の目の前に置いてしまった。

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク