FC2ブログ

カッパドキアの気球ツアー

 2013年夏トルコ編,続き。

 カッパドキア2日目(トルコ2日目)は,早朝から気球ツアーに参加した。値段は1人2万円くらいだったと思う。もっと安い所もあるが,実績のある安全な会社を選ぶことにした。

03810.jpg

 気球ツアーは,夜明け前に,ツアー会社の送迎バスがホテルまで迎えに来てくれる。カッパドキアのツアーは総じてホテルまでの送迎がセットになっていて便利だ。一旦ツアー会社の営業所に運ばれ,そこからさらに気球の待機する場所までバスで移動する。

 バーナーで温められた熱気で気球が膨らむ頃には太陽が地平線から昇っている。日の出を空から見られるのではないかという期待があったが,それは難しいようである。

03811.jpg

 ぼくらの乗った気球には,中央の操縦室のほかに,定員2人の籠が8つぶら下がっていた。それが縦2マス×横4マスの長方形になってくっつけられている。

   □□■□□
   □□■□□

 上から見るとこんな感じ。□が乗客用で,■が操縦席である。問題はどの籠に乗るか。答を言うと,中4つは絶対に避けたほうがいい。なぜなら1方向しか見えないからである。両端の籠に入れば角から2方向を眺めることができる。2倍楽しめるわけで,その違いは予想以上に大きい。

03812.jpg

 ちなみに気球は回転しながら浮沈を繰り返す。全員が全方位を見られるようにするために,操縦士がクルクル回してくれるのである。だから初期位置で東西南北どの角に乗るかは全く重要でない。この日はモルゲンロートのローズバレーが美しかった。

03813.jpg

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク