FC2ブログ

『改憲の何が問題か』【32】

 奥平康弘『改憲の何が問題か』(岩波書店)を読んだ。

 平成24年(2002年)4月の自民党「日本国憲法改正草案」について,批判的に検討した本である。問題となる条文ごとにその意味合いを詳細に解説してくれている。詳細は省くが,草案と現行憲法の基本的な思想がいかに異なっているかがよく分かる。

 1600円の価値あり。
スポンサーサイト



[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク