スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

秋のエゾ沼

 銀仙台・高原温泉沼巡り編の2013年版をお届けしたい。

 この年は紅葉の当たり年だった。これまで2年 外れ続けたために,札幌最後のこの年も外せば高原温泉の素晴らしい(はずの)秋の光景を一生見られないかもしれないという状況にあった。我が身の幸運に感謝したい。

03904.jpg

 写真は2013年9月28日のエゾ沼だ。16:9にトリミングしてある。というのは元の4:3の写真では明るい色の枯葉が絵の下の部分に写っていて,どうしてもそこに目が行ってしまうからである。要は失敗した。言葉だけでは分かりにくい。その写真も参考のために付けておこう。

03905.jpg

 中央下の枯葉が目障りなのが分かってもらえると思う。撮影中は他の枯葉と見分けが付かず見逃した。不注意でこういうミスが起こることは珍しくない。そしてそれがその写真旅行を台無しにするのである。地団太を踏んでも手遅れだ。撮影中に気を付けておきたいものである。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。
スポンサーサイト

[編集]

季節の移ろい~緑沼

 銀仙台・高原温泉編を続ける。

03906.jpg

 緑沼。これも昨日の記事と同じく2013年9月28日のものだ。

03907.jpg

 これが1週間前の22日ではこのようになる。1週間足らずの間に紅葉が進んだことがお分かりいただけると思う。紅葉の撮影はまことにタイミングが難しい。自動車で行ける範囲に住んでいない今の時点では,もう,この景色を目にすることはできないだろう。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

風のこと~緑沼

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03908.jpg

 まだ緑沼にいる。割と長居をした。風が止むのを待つためだ。が,結局止まず,水面にはさざ波が立ち続けていた。この辺りは,諦めるしかない。快晴には恵まれたが,自然の条件が自分の思っているとおりになることはほとんどない。それなら与えられた条件を活かすことを考えるのが正しいのだろう。どういう撮り方が正解だったのか,いまもよく分からない。

03909.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

リンドウのさく道

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03910.jpg

 2013年9月28日。この年はリンドウもよく咲いていた。路傍によく見かける。私がこの場所を好きな理由の一つはこのリンドウだ。1年目にここを訪れた時,群生したリンドウが満開だった。3年目にまたこの花に出会えたことは,思い出すだけでも幸せな気持ちになる。

 場所は,緑沼から少し先に行った辺りだ。

03911.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

高原のキタキツネ

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03912.jpg

 高原温泉には3年間毎年通った。だがここで動物を見たのはこれが初めてだった。出会うとすればヒグマであると思っていたら,キタキツネだった。彼(彼女?)は沼の淵をなぞるように1周した後,森の奥に姿を消した。

03913.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

黄葉の道

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03915.jpg

 2013年9月22日と28日。エゾ沼を後にして,式部沼に差し掛かる。歩き慣れた道だ。何もかもが無性に懐かしい。北海道にいた時は,一刻も早くこの寒冷地を脱出したいとそればかりを願っていたというのに。
 
03914.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

大学沼再訪

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03916.jpg

 高度の低い太陽が,秋の弱々しい光線を大学沼に注いでいる。

03917.jpg

 ちなみに,1枚目の写真は2013年9月28日。2枚目は22日だ。22日は家族と一緒にこの先の高原沼まで足を延ばした。28日はそれをせず,エゾ沼に戻ってそこで長居をした。大学沼を訪れるのはこれが3度目なのだが,相変わらず撮り方がよく分からない。私のような素人にとって,高原温泉の沼めぐりで写真を撮るなら,緑沼とエゾ沼が最もいいように思われる。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

折り返し地点~高原沼

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03918.jpg

 高原沼。大学沼から少し先に進むとこの沼がある。

 日付は2013年9月22日だ。両親と妻と一緒に登った時のことである。高原沼の先には空沼(からぬま)がある。前年は空沼を回ってコースを1周したのだが,道が険しい割には見所が少ないように思われた。妻にもそのことを話し,高原沼で引き返すことにした。両親は先に行ってしまった。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

振り返れば沼がある。

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03919.jpg

 2013年9月28日の高原温泉沼巡り,大学沼からの帰りだ。エゾ沼に降りる道の途中に開けた場所がある。そこから見るエゾ沼は,沼のほとりで眺めるのとはまた違ったものに見える。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

滝見沼~補遺として

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03920.jpg

 滝見沼のことも書いておこう。高原温泉には多くの沼がある。登山者が見られるものは,登山口に近い方から土俵沼,芭蕉沼と続き,3番目に滝見沼がある。決して悪くない景観なのだが,どうもこれぞという写真が撮れない。それで紹介をためらっていたのだが,読者の方の参考のためには,一応この沼も写真付きで消化しておく意味はあるだろう。そう考えて,敢えてここに載せることにした。写真の不出来は許してほしい。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

チングルマの綿毛など

 銀仙台・高原温泉編,続き。

03922.jpg

 2013年9月21日の銀仙台で撮った。この日は曇っていたし,以前に紹介したものと比べて特にいい写真が撮れたというわけでもない。が,チングルマの綿毛を見付けて記録のために撮っておいたので,一応掲載しておきたい。

03923.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

上野ファーム再訪

03924.jpg

 2013年9月23日,上野ファームにまた行った。

03926.jpg

 かつて妻と行った場所だが,今回は両親に紹介することにした。道外からお客が来る場合,ここの庭は誰を連れて行ってもいい場所だと思う。

03925.jpg

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

[編集]

緑の風

 マイルとセブンの丘に両親を案内した。

03927.jpg

 青々とした麦畑に風が渡っている。夏の景色に見えるが秋である(2013年9月23日)。麦が刈り取られ,その跡からまた新しく生えてきたもののようだった。9月の下旬の北海道で,どうみても秋には見えない風景が目の前にあることが,不思議でならなかった。

※ 写真はオリンパスE-5+12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。PLフィルター,三脚,リモートレリーズを使用。

------------------------------
(おしらせ)
 今月は記事にする写真がなくなりました。写真付き記事は来月1日まで休載します。

[編集]

『司馬遼太郎が考えたこと』第3-10巻【19-26】

 『司馬遼太郎が考えたこと』第3巻から10巻まで(新潮文庫)を読んだ。

 記録に付けるのを怠っていたが,実際には3月から8月にかけて少しずつ読んでいた。ただ,このブログにメモを付ける時間が取れなかった。

 全体としては,やはり面白い。しかし,前にも書いたとおり,いくら面白くても,同じ作家の本ばかり読んでいて食傷気味になってきた。それから,エッセイ集には,どうしても,同時代人にしか分かりにくい文章というのが紛れ込んでくる。特に追悼文の類のものや企画展の紹介文のようなものは,今の私が読んでも理解が届かない。

 結局,読んでも頭に入ってこないエッセイは,理解しようとすることは諦めて,飛ばし読みしてしまった。それで1冊の本を読んだとするのも少しずるいような気がするが,一応最後までページはめくったという意味で,記録だけしておきたい。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。