スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

ヒグマ・ウォッチング

 2013年7月の連休に知床に行ってヒグマを見てきた。

 関東の妻とは女満別空港で待ち合わせ,レンタカーで知床に向かう。飛行機の便の関係で1日目は昼からだった。この日の予定はクルーズとオシンコシンの滝だけで,時間には余裕がある。それで,少し長めのクルーズでヒグマが見られる所まで行ってきたのである。

03713.jpg

 クルーズはゴジラ岩観光というところを予約した。コースは3つある。我々は「ヒグマウォッチングコース」にした。距離でいえば真ん中で,時間は2時間10分だ。時間と体力があれば3時間15分の「知床岬コース」が良かったが,妥協した。

03714.jpg

 ヒグマが見られる確率は95%を超える。この日は6頭ほど見掛けた。遠くから眺めるだけで,Lumix 35-100mm F2.8の望遠端(35㎜版換算200㎜)ではこんな小さな写真しか撮れない。が,それでも十分だった。

 ちなみに1枚目の写真はトリミングしてある。写真がメインの旅なら,換算600㎜以上(できれば1000㎜クラス)の超望遠レンズを持参すると後悔しないだろう。

※ 写真はE-PL5Lumix 35-100mm F2.8で撮影
スポンサーサイト

[編集]

プロペラ機のこと

 知床編(2013年7月),続き。

 珍しくもないかも知れないが,新千歳-女満別間の飛行機はプロペラ機である。

03707.jpg

 地面からタラップを登って乗り込む飛行機に,多少の感動とロマンを感じる。

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

知床・クルーズ

 知床編(2013年7月),続き。

 知床のクルーズの最初の魅力は奇岩と滝である。

03708.jpg

 名前の付いた岩も多い。

 これは象岩。言われてみるとそう見える。

03710.jpg

 これは滝「男の涙」だったかと思う(違っていたらごめんなさい)。この時期の午後のクルーズで晴れていたら,確実に虹が見られる。船内に歓声があがった。もっとも,コントラストが強すぎるため,写真にすると感動が伝わりにくいかもしれない。

03712.jpg

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

空と海の間を行く船

 知床編(2013年7月),続き。

 知床のクルーズでは何艘かの船とすれ違った。

03711.jpg

 青い海と,雲一つない空の間を,すべってゆく。

 どことなく現実離れした風景だった。

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

ゴジラ岩のこと

 知床編(2013年7月),続き。

 クルーズを運営しているゴジラ岩観光の「ゴジラ岩」というのはウトロにある岩の名前である。

03715.jpg

 これがそう。日の出前や日の入り後に空が焼けてくれたらこれもいい被写体になりそうだった。

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

オシンコシンの滝

 知床編(2013年7月),続き。

 夕方,オシンコシンの滝に行ってみた。

03716.jpg

 もう日が沈みかけている。赤い光に照らされた緑の木々が,なんだかまぶしかった。

03717.jpg

 夕日が沈み,

03718.jpg

 闇が訪れる。

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

オジロワシ発見

 知床編(2013年7月),続き。

 2013年7月の連休の2日目である。

 この日は知床五湖に行く予定だった。この時期は,ガイドさんがいないと五湖全部は回れない。木道を通って一湖を見るだけで終わる。二湖から五湖までは,お金を払ってガイドツアーで行くしかないのである。

 が,その時間がなくなった。元々体調の思わしくなかった妻の母が危篤だという連絡が前の晩に入ったからである。五湖の予定はキャンセルしたが,飛行機までには時間があった。妻が行こうというので一湖にだけは行くことにした。

03720.jpg

 その途中にいたのがこのオジロワシだった。道路の脇で海を眺めている人を妻が発見し,見たらこの鳥が岩礁に停まっていた。

03719.jpg

 相変わらず望遠ズームが短くて,望遠端でもこの程度の大きさにしか写らない。1枚目の写真はヒグマと同じくトリミングしたものである。が,それはそれで構わない。

 知床の旅では,これまで見られなかったヒグマとオジロワシを見ることができた。義母の容体が気になっていたし,それを気にしながらシャッターを切ったことに対して後ろめたい気持ちもないではない。複雑な思い出になった。

※ 写真はE-PL5Lumix 35-100mm F2.8で撮影

[編集]

知床のエゾシカ

 知床編(2013年7月),続き。

 知床ではエゾシカの親子の写真も撮った。

03722.jpg

 これもオジロワシと同じ。道路で停車した車を見付けてアクセルを緩めると,そこに鹿がいたのである。知床では,どうやら,野生動物を見るにはそれを見ている人間を見付けるほうが早道のようだった。

03721.jpg

※ 写真はE-PL5Lumix 35-100mm F2.8で撮影

[編集]

知床・一湖

 知床編(2013年7月),続き。

 知床の一湖には木道が通じている。

03723.jpg

 こんな快晴の日に涼しい風を受けながら大自然の中を歩けるというのは幸せだ。が,先の記事でも記したとおり,東京の義母が危篤に陥っている。そのことを気にしながら散策したことを,この写真を見ると思い出す。やりきれない。

03724.jpg

※ 写真はE-PL5Lumix 12-35mm F2.8で撮影

[編集]

北海道'10.07

 昔一度作りかけて消してしまった記事をもう一度書いてみたい。2010年の北海道旅行のことである。

03725.jpg

 妻と来た。その時点では札幌に転勤するとは思っていなかった。軽い熱中症になるほど暑い夏になった北の大地に降り立ったのは7月25日で,この日から5日間の旅程である。この時はまだ飛行機に乗ること自体が特別なことで,

03726.jpg

 ピチューの機体にも気持ちの高まりを感じた。

 何もかも懐かしい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

小樽運河など

 2010年夏・北海道編,続き。

 北海道5日間の旅程ではまず小樽に向かった。

 小樽に1泊→旭川に1泊→富良野に1泊→札幌に1泊という予定で,この日は小樽の街を歩き疲れるまで散歩する予定だった。

03727.jpg

 腹ごしらえに三角市場で海鮮丼を食べ,

03728.jpg

 それから運河まで歩く。予想外に暑くて彼女が軽い熱中症になってしまったが,ともかく旧日本郵船小樽支店まで歩くことにした。

03729.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

日本郵船小樽支店

 2010年夏・北海道編,続き。

03730.jpg

 旧日本郵船小樽支店である。やや地味な観光地という気もするが,ここでは山と渓谷社の『歩く地図』に従って散歩をすることにした。日本の観光地に関するガイドブックの中ではこの本を信頼している。店の宣伝を必要最小限にとどめて,その分,マイナーなところを含めて多くの観光地の紹介に力を入れているからだ。

03731.jpg

 雰囲気がなかなかいい。

03732.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

流氷凍れ館

 2010年夏・北海道編,続き。

03733.jpg

 小樽の流氷凍れ(しばれ)館。マイナス40℃の世界を体感できる。

03734.jpg

 この気温ではカメラが壊れる可能性があるという理由でカメラを持ち込まないよう言われたが,ポケットで温めておけば大丈夫だろうと思って何枚か撮ってみた。そのカメラは一応無事である。やるときは自己責任で。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

小樽地ビールの店

 2010年夏・北海道編,続き。

03735.jpg

 小樽の運河には倉庫を利用したお店が幾つもある。その一つがこの地ビールの店である。小樽ビール小樽倉庫No.1という。館内見学もある。悪くない。

03736.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

蔵寿司

 2010年夏・北海道編,続き。

03737.jpg

 夕食は寿司にした。運河の近くの蔵寿司という店だ。昼食の三角市場で食事をした時,そこのお兄さんに教わった。地元の漁師も行く店だという。注文に少し時間がかかったが,味は良かった。思い出してもよだれが出てくる。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

小樽・花火祭り

 2010年夏・北海道編,続き。

03738.jpg

 繰り返しになるが,小樽に泊まったのは2010年7月25日である。小樽の街では祭をしていた。宿は,小樽の1つ札幌よりの駅・小樽築港の近くに取ってある。

03739.jpg

 そこから僅かに花火が見えた。花火を打ち上げることを迂闊にも知らなかった。もっと近くまで見にこうかな,とも思ったが,タクシーに乗っても着いた頃には終わっているかも知れない。そう考えて諦めることにした。花火は花火で,また見にいけばいい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

旭川ラーメン青葉

 2010年夏・北海道編,続き。

 2日目は小樽から旭川に向かった。ラーメンで腹ごしらえである。

03740.jpg

 旭川ではラーメンと旭山動物園,それにジンギスカンがメインイベントだった。

 小樽からの移動で2時間半も掛かる。朝の9時過ぎに電車に乗っても旭川に着くのは昼前になる。旭川駅から動物園まで行くのもバスで40分の距離だ。だから,旭川で昼食を取ることにすると,動物園に着くのは午後2時になってしまう。動物園で2時間過ごすとすると,旭川駅まで戻って来た時点でもう夕食の時間になってしまうのである。

03741.jpg

 まことに北海道は広い。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

空飛ぶペンギン

 2010年夏・北海道編,続き。

 旭山動物園にやってきた。

03742.jpg

 ペンギン,ホッキョクグマ,アザラシといった海の生き物の一連の展示にまず特色がある。それが人気を呼んでこの行列ができている。繁忙期に行くときは,待ち時間だけでもそれなりの時間を覚悟しておいたほうがいい。

03743.jpg

 この写真は,自己紹介のアイコンに使っている。別に私はペンギンと関係があるわけではない。酉年でもないし,ペンギンが特別に好きなわけでもない。ただ,最初にブログを作った時に最初に記事にしたのがこの北海道旅行のことだったので,その中から良さそうなものを選んだにすぎない。

03744.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

海の生き物たち

 2010年夏・北海道編,続き。

03745.jpg

 ホッキョクグマの水槽は横から見ることができる。餌やりをするとクマが勢いよくプールに飛び込んでくる。大迫力だ。のんほいパーク(豊橋市)の展示を参考にしたということだが,豊橋と比べても,解説の内容などは旭山が上なのではないか。

03748.jpg

 アザラシの水槽には水の柱がある。アザラシがここを猛スピードで泳いで抜けていく。普通に何回か撮ったがブレてしまってうまくいかない。それで初めて流し撮りで撮ってみた。えいっ。流し撮りは難しいものだと思っていたが,やってみると案外うまくいく。鉄道などでもいずれ試してみたいと思った。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

旭山のちんぱんじー館

 2010年夏・北海道編,続き。

03749.jpg

 チンパンジーの展示もよく工夫されている。おりの中にある透明な筒状の通路に人間が入り,そこから間近で観察できるのである。下手なサファリパークよりずっと迫力がある。

03750.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

クモザルなど

 2010年夏・北海道編,続き。

 旭山動物園の写真をもう2枚ほど載せたい。

03751.jpg

 これはジェフロイクモザル。この動物園ではクモザルにも名前も付けているようだが,私には分からない。カピバラと一緒に住んでいる。異種の動物を同じ場所で展示することにはリスクもある。実際,クモザルが1匹カピバラに食い殺されたという事件が起こったこともあると書いてあった。それでも何とかうまく共存させようと努力している。その動物園の飼育員に拍手とエールを送りたい。

03752.jpg

 こちらはキリン。何キリンだったかは忘れてしまった。餌の草が柵の近くに置いてある。食べている時はそれを目の前で見ることができる。舌は紫色をしていた。それ自体が意思を持った生き物であるかのようで,ちょっと気色悪い。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

大黒屋のジンギスカン

 2010年夏・北海道編,続き。

03754.jpg

 食べログを見て,夕食は大黒屋のジンギスカンを食べることに決めた。ここの生ラムジンギスカンは柔らかくて本当においしい。塩で食べても臭みはない。クーポンを使えば1人2000円程度で十分飲んで食べることができる。あの味が忘れられず,去年妻とまた2回目の訪問をした。

03753.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

初美瑛

 2010年夏・北海道編,続き。

03755.jpg

 北海道旅行3日目はレンタカーを借りて美瑛と富良野に行った。レンタカーで旅行するのはこれが初めてだった。それまでは公共交通機関だけで移動することにこだわっていた。初めてレンタカーを借りてみて,これが非常に便利だということが分かった。

03756.jpg

 この時も,美瑛・富良野だけでなく,最初からずっと車で移動することにしておけばもっと色々自由に回れて良かったのではないか,と,今では思っている。これから北海道を旅行される方には是非レンタカーをお勧めしたい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

四季彩の丘(初訪問)

 2010年夏・北海道編,続き。

03758.jpg

 美瑛にある四季彩の丘に立ち寄った。花畑が美しい。特に7月は見事だ。これで晴れていてくれたらどんなに良かっただろうかとこの時ほど天気を恨んだことはない。

 ポスターや写真集では青い空に白い雲のイメージを強調している。しかし美瑛の辺りは天気が崩れやすい。山に囲まれているためである。その後3年札幌にいて,美瑛の天気は週末ごとにチェックしていたが,丸1日晴れてくれることは稀だった。

03759.jpg

 この時は他に拓真館とトリックアート美術館にも行った。拓真館は,美瑛の風景写真家として有名な前田真三氏の写真館である。ここに展示されている写真は本当に素晴らしい。美瑛に行って自分で写真を撮るより,前田氏の写真集を買ってきたほうがよっぽどいい。やはり餅は餅屋で,プロはそのためにいるのだと思い知らされた。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

ナチュラクスホテル

 2010年夏・北海道編,続き。

03762.jpg

 美瑛に行った日は富良野駅近くのナチュラクスホテルに宿泊した。大変お洒落なホテルで,食事もおいしかった。大変気に入って,その後2013年にもここに泊まっている。

03763.jpg

 相変わらず天気は悪い。観光は諦めて近くの温泉に行くことにした。いい温泉だったのだが今思い出せない。やはりきちんと記録はしておくべきものである。

03765.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

チーズ作り体験(富良野)

 2010年夏・北海道編,続き。

03766.jpg

 4日目は富良野チーズ工房でチーズ作り体験をした。正確にいうとリコッタというもので,発酵させるタイプの本来のチーズとは違う。炊きながら乳酸を入れることで固めるのである。

03767.jpg

 楽しかった。妻が行こうと行って実現した。私はこれまでずっと,こういう体験型の観光をしてこなかった。親がそうだったからだと思う。誰かと一緒に旅行に行くと,旅の楽しみ方も様々であることを教えてくれる。いいもんだと思う。

03768.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

ファームとみた(初訪問)

 2010年夏・北海道編,続き。

03769.jpg

 ファームとみたにも行った。その後何度もここに来ることになるが,初めてはこの時である。よそでは見られない広大な花畑を見て,なるほどこれはいいものだと思った。

03772.jpg

 実はこの時,ポスターや写真集に載る場所を見逃している。大駐車場で車を置くと,北側に1枚目の写真を撮った花畑がある。そこもご覧のとおり広大で見応えがあるのだが,例えば写真にしたとき見栄えがするのは裏の畑のほうである。この日もしばらく探したが,敷地が広すぎてどうしても見付からず,「おかしいなあ,おかしいなあ」と言いながら立ち去らざるを得なかった。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

札幌の夜景

 2010年夏・北海道編,続き。

03778.jpg

 4日目。札幌には夜に着いた。北海道最後の夜だ,とその時は思っていた。夜景が見たい。テレビ塔に上ってみる。

03779.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

『将棋・序盤完全ガイド』【17-18】

 上野裕和『将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編』と同『振り飛車編』(マイナビ)を読んだ。

 名著である。その高い評価は,アマゾンなどにも多くの読者から投稿されているとおりで,特に付け加えることはない。将棋における序盤戦がどのように発展してきたのか,この定跡はなぜ指されなくなったのか,現在最先端の序盤戦はどうなっているのかを,将棋のルールを覚えたてくらいの人でも分かるくらい明快に教えてくれる。このような本はこれまでになかった。目から鱗が落ちる,というのはこういうことをいうのかと思わせる本に久々に出合えた。

[編集]

札幌市内の散歩

 2010年夏・北海道編,続き。

03781.jpg

 5日目。この日は飛行機に乗って帰らなければならない。あまり時間がなかったので,札幌市内の観光地で誰でも行くような所を何か所か回ることにした。実際問題,札幌には3年いたが,都心部で見るべきものはそう多くない。やはり北海道は大自然を楽しむべきものである。

03782.jpg

 旧北海道庁。きれいな花壇を作ってくれていて,立ち寄ると気分がいい。とはいえ,時計台もそうだが周りに高いビルがあって,写真を撮るには邪魔になる。そういう意味で,写真メインの旅行に札幌の市街地を旅程に入れても,消化不良に終わる可能性が高いと思う。

03783.jpg

 これは北大植物園。敷地内に古い建物が残っているので散策にはいい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。