スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

初夏の奥入瀬

 2012年5月26~27日と6月2日の2回,初夏の奥入瀬を訪ねた。

02835.jpg
(2012.5.26 奥入瀬・雲井の滝)

 目的はツツジの咲く奥入瀬渓流を見るためである。これまでに見たことのあるここの写真は,秋や冬も良いが,やはり初夏のツツジが良いと感じていた。それで,ツツジの季節が5月下旬から6月上旬であることを調べて,急行はまなすで行ってみたのである。

02836.jpg
(同上)

 だが,この年,5月26~27日では少し早いようだった。6月2日でもまだ十分には咲いていなかった。十和田湖奥入瀬観光ボランティアの会の十和田奥入瀬ろまん新聞(ブログ)などを見れば満開の時期を知ることはできる。が,急行電車やホテルのことがあって,早めに予約してしまい,直前になって取りやめるわけにはいかなかった。

 まあ,それでも,新緑の渓流は歩いていて清々しい。その空気を少しでも伝えられれば幸いだ。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。
スポンサーサイト

[編集]

びしょびしょ

02785.jpg

 2011年8月6日の円山動物園。この頃になるとアイラも随分大きくなった。ずっとプールで遊んでいた。この夏が,北海道にしてはずいぶん暑かったのを思い出す。

02788.jpg
(同上)

※ 写真はオリンパスE-5ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

うとうとキツネ

02853.jpg

 2008年6月8日ののんほいパークで撮った。こんな前の写真を引っ張り出してきたのは,ネタがなかったからだ。去年の5月は仕事が忙しくてほとんど写真撮影に行けなかったので,今月用の写真が数回分で尽きてしまった。繋ぎに,何度か,動物園で撮った古い写真を掲載するかも知れない。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

3分咲き

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02838.jpg
(2012.5.26 奥入瀬・三乱の流れ)

 ツツジは2分から3分咲き程度。この次に来る時はもう少し咲いていた。それはまた後日。

02837.jpg
(同上)

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

凶相

02854.jpg

 のんほいパークのエミューである。見た感じ,凶悪な顔をしている。中身はどうか知らないが。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

『おれは権現』【12】

 司馬遼太郎の『おれは権現』を読んだ。

 戦国末期から大阪の陣までの時代を舞台にした時代小説と歴史小説の短編集である。

 福島正則を描いた「愛染明王」は,秀吉や家康を扱った他の作品に脇役としてよく出てくる人物が主人公になっていて,ついつい愛着がわいてしまう。長編と違って主人公の全体像を緻密に描写していく重厚感はないものの,目新しいエピソードを重ねつつ正則の持つ滑稽味と悲哀感を浮き彫りにする筆力は,司馬遼太郎ならではである。

 道頓堀を作った土豪・安井道頓を扱った「けろりの道頓」は,逆に,他の作品で言及されていない人物を取り上げている。筆者自身が冒頭で断っているように,道頓については史料がほとんど残っていないらしい。だから他の作品の脇役として登場させるのが難しかったものであろう。その人物に地を肉を与えたこの小説は,特に読後の余韻の格別なものに仕上がっている。

 他に5編。

[編集]

ぐうたら親父ここにも

02855.jpg

 のんほいパークにもカンガルーがいる。どこにいても彼らは日曜日のぐうたら親父で,

02856.jpg

乳をやるときですらこれだ。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

投石禁止

02857.jpg

 のんほいパークのライオンの雌。ここに,石を投げないように注意書きがされている。

02858.jpg

 「やめてね。」

 うーん。表情が何とも言えません。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

青空とツツジと渓流と

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02839.jpg
(2012.5.26 奥入瀬・三乱の流れと石ヶ戸の間)

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

ドボン

02859.jpg

 のんほいパークにはペンギンもいる。

02860.jpg

 ドボン。と飛び込んで水中を飛ぶように泳ぐところを,ガラス張りの水槽の横から見学することができる。旭山動物園の水のトンネルほどの感動はないものの,眺めていればそれなりに楽しいものだ。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

のんほいパークの蓮池(2)

02861.jpg

 以前も記事にしたが,のんほいパークには動物園だけでなく植物園もある。その中にこの蓮池があって,綺麗な花を咲かせていた。2008年6月8日。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

老兵

02862.jpg

 2008年9月7日,のんほいパークで。一眼レフカメラ「オリンパスE-520」を買ってから初めて動物園に行った時である。レンズはED 40-150mm F4.0-5.6を使った。

 余談だが,結局その後このレンズの画質と暗さに限界を感じ,ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを買うことになる。マイクロフォーサーズで40-150mmを買わずにいるのは,フォーサーズの時の経験から,どうせ明るい望遠ズームが欲しくなるに決まっているからだ。

 オリンパスが懸命に宣伝しているとおり,写真の画質の多くがレンズの品質に依存するのは本当だ。もしレンズ交換式カメラを買ってその画質に満足できないならば,ボディの買い替えを考えるより,より高品質のレンズを買い足すほうがずっとよい。そういう意味でも,オリンパスには早く12-60mm F2.8-4.0をマイクロフォーサーズで発売してほしいものだと思う。

[編集]

ツツジ発見

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02841.jpg
(2012.5.26 奥入瀬・石ヶ戸と阿修羅の流れの間)

 咲いているツツジも,何箇所かだけは見付けることができた。成果としてはやや寂しいが,全く咲いていないよりはずっといい。少しだけ報われた。

02852.jpg
(2012.5.27 奥入瀬)

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

モネの睡蓮の池

02863.jpg

 のんほいパークには,モネの睡蓮の池がある。写真は2008年9月7日。ちらほら花が咲いているが,もっと満開になれば壮観だろうと思う。

02864.jpg

※ 写真はオリンパスE-520ED 40-150mm F4.0-5.6で撮影

[編集]

群馬の見所

02865.jpg

 2010年7月3日,群馬サファリパークに行ってみた。

02866.jpg

 当然,園内には,バスか自動車で入ることになる。入園料金が大人1人2600円で,エサやり体験バスなら追加で1300円も取られるのだが,しかしそれでも,ここでしかできない体験がある。行ってみる価値はあると思う。

02867.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

イワンの先輩

02876.jpg

 のんほいパークでの,ホッキョクグマへの餌やりタイムである。アクリル板越しに水中の様子を見学することができる。旭山動物園で有名になった展示の原型がここにあり,時期的にはのんほいのほうが先だった。

02877.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

九十九島

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02842.jpg
(2012.5.26 奥入瀬・九十九島)

 奥入瀬の景観の中で,個人的に一番気に入っているのがこの九十九島である。流れの中に島が点在する光景は,いいものだ。奥入瀬といえばこの場所を思い浮かべてしまう。

02843.jpg
(同上)

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

福寿草はまだだった。

 今年も福寿草が見たい。今日(2013年4月13日),道内の,去年と同じ場所に行ってみた。雪解けはずいぶん進んでいたが,道端に1箇所蕾を見付けただけで,花までは咲いていない。来週あたりに咲くだろう。

[編集]

エランドの群れ

02868.jpg
(2010.7.3 群馬サファリパーク)

02869.jpg
(同上)

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

優しい横顔

02878.jpg

 のんほいパークにて。サイの横顔は,思いのほか優しげだった。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

ペンギン王国

02879.jpg

 王様ペンギンがいる。あと,イワトビペンギンとジェンツーペンギンもいるようだ。
 
※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

コマドリ

02880.jpg

 野鳥園にはコマドリ,オオルリ,セキレイなどが広めの部屋の中にたくさん飼われている。小鳥たちは動きが早く,なかなか写真を撮られてくれないが,このコマドリだけは一瞬だけ立ち止まってこっちを振り向いてくれた。

 なかなか可愛い顔をしている。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

蒼い森の朽ちゆく樹々

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02844.jpg
(2012.5.26 奥入瀬)

 相変わらず,倒木を見付けたら撮っている。その時に撮っておかなければ,次に来た時は既に存在しなくなっている可能性があるからである。

02845.jpg
(同上)

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

水牛の集団罷業

02870.jpg

 2010年7月3日,群馬サファリパークにて。水牛の群れが何もせずに座っている。その座りこんで目を見据えている格好は,ただ休んでいるというだけでない凄みを感じる。例えば,示し合わせてストライキをしているような。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

恐竜ランド

02881.jpg

 のんほいパークには,ブラキオサウルスの巨大な模型が野外に置かれている。遠くから見てもよく目立つ。これがあるエリアは野外恐竜ランドと名付けられており,トリケラトプスやイグアノドンなどもいるようだ。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

獅子の巣

02873.jpg
(2010.7.3 群馬サファリパーク)

 サファリパーク内にも,自動車に乗らずに自分の足で歩くエリアがあった。ライオンやホワイトタイガーなどの猛獣が住んでいる。肉を買って餌をやることもできる。

02874.jpg
(同上)

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

うだる日々

 2010年7月22日に名古屋の東山動物園に行ってきた。

02882.jpg

 この頃は連日の猛暑で,動物たちもうだり切っていた。

02883.jpg

 園内にもほとんど来客がなかったのをよく覚えている。

※ 写真はオリンパスE-520ED 40-150mm F4.0-5.6で撮影。トリミング。

[編集]

奥入瀬の巨木

 初夏の奥入瀬編(前編),続き。

02847.jpg

 銚子大滝のバス停付近には大きな木が道沿いに生えている。毎年健気に若葉を付けている。私は昔からこの木が好きだ。いつまでもこの時間が繰り返されてほしいと思う。

02848.jpg

※ 写真はオリンパスE-5で撮影。三脚,PLフィルター使用。

[編集]

ホワイトタイガーへの餌やり

02875.jpg
(2010.7.3 群馬サファリパーク)

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

02884.jpg

 2010年7月22日の東山動物園である。猛暑が続いていたが,あざらしたちはプールで泳いで涼しそうだった。

02885.jpg

※ 写真はオリンパスE-520ED 40-150mm F4.0-5.6で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。