FC2ブログ

尾瀬の風景II

 尾瀬編,続き。

01656.jpg

 手抜きなタイトルだ。そしてそこから想像されるように,今回も写真だけの投稿である。

01657.jpg

 ニッコウキスゲが終わりかけていたことは既に書いたとおりだ。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

恋路橋

 柿其渓谷編,続き。

01712.jpg

 恋路橋。柿其渓谷の見所,渓流沿いの道の入口にこの吊り橋がある。

01713.jpg

 ごもっとも。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

エゾシカの親子

 天人峡編,続き。

 天人峡からの帰りのことである。自動車を運転していると,道の脇に大きな影が動くのが見えた。慌ててブレーキを踏む。エゾシカの親子だ。急いでレンズを望遠ズームに交換し,車窓を開けて連写した。

01614.jpg

 これがその中の1枚である。やや構図が甘いことは承知している。ジャスピンでないことも痛いほど分かっている。しかしここでは敢えて掲載する。北海道で車を走らせていれば彼らに出会えることを,道外の読者に知ってもらいたいからである。

※ 写真はオリンパスE-5 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影。手持ち。

[編集]

たとえばニコンを買うなら。

 フォーサーズは終わる。そうすると,一眼レフは,5年以内には別のシステムに変えなければならないであろう。そのとき何を買うべきか。

 第一候補はニコンである。それもD4D700を考えている。昔から書いているとおり高画素化は望んでいない。むしろ画素数を抑えた機種のほうが良い。その基本的な考え方からすれば,1600万画素のD4か1200万画素のD700が良いのである。

 問題はレンズの揃え方である。今と同じ画角が得られるだけのものを揃えるのが最終目標ではある。しかし,まず欲しいのは万能レンズだ。つまり,12-60mm F2.8-4.0の代わりが要る。それはAF-S NIKKOR 24-120mm f4G ED VRが良いだろう。フルサイズ機を使う最初のうちは,フォーサーズも併用することにすれば,試しに24-120mmだけで勝負するのもありではないか。

 あとは,9-18mm F4.0-5.6に代わる広角ズームは,取捨選択が難しいが,財布事情を考えれば安価なAi AF Zoom-Nikkor 18-35mm f3.5-4.5D IF-EDくらいで妥協することになりそうだ。50-200mm F2.8-3.5に代わる望遠はAi AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f4.5-5.6D EDで良いだろう。

 とまあ色々夢想しているうちが楽しいわけで,実際にはどうなることやら。

[編集]

尾瀬の風景III

 尾瀬編,続き。

01658.jpg

 これも比較的よく見掛けた花である。アヤメかショウブかカキツバタか。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

柿其渓谷の碧い水

 柿其渓谷編,続き。

01716.jpg

 木曽川水系の渓谷はどこも水が美しいと聞く。私が訪れたのはここ柿其渓谷だけだが,確かに水は碧くどこまでも透明だった。この水を見るためにこの渓谷を訪れる人が絶えないというのも納得である。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

ぜるぶの丘

 2011年7月16日,天人峡に続いて美瑛・ふらのを訪れた。

01615.jpg

 ぜるぶの丘である。この季節の美瑛の花畑は素晴らしい。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

遅れを取り戻した。

 先日の記事で,納期の管理に失敗した旨を書いた。

 今日,それを何とか3日連続の残業で取り戻した。本当は別にやることがあったのに,それは明日以降に持ち越しになる。まだしわ寄せは続きそうだが,次の週末は何とか写真を撮りに出掛けることができる見込みである。取りあえず,ギリギリセーフ。

[編集]

弥四郎小屋

 尾瀬編,続き。

01659.jpg

 弥四郎小屋に着いた。8時58分に歩き始めて,途中休憩や食事を挟みながら歩き続け,弥四郎小屋に着いたのは午後1時42分だった。所要時間は5時間弱ということになる。歩きなれた人ならもっと早く着けたのだと思うけれど,荷物を背負って5時間歩いて随分疲れた覚えである。

01660.jpg

 夕食がたまらなくうまい。その後はすぐ眠ってしまった。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

渓流の倒木

 柿其渓谷編,続き。

01718.jpg

 柿其渓谷ではよく倒木を見掛けた。この木は倒れてからそれなりの時間が経っているようで,既に苔がむしているが,それでも裂け目の生木が痛々しい。

01719.jpg

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

ファーム富田

 美瑛・富良野編を続ける。

01616.jpg

 これはファーム富田である。日付は2011年7月16日。

01617.jpg

 曇天だった。花畑を撮るにはむしろこの方が良いかもしれない。晴天(いわゆるピーカン)だと日向と陰とのコントラストが強すぎて,明るい部分が白飛びしてしまうからである。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

オニヤマユリ

 尾瀬編,続き。

01661.jpg

 オニヤマユリもよく見掛けた。

01662.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

牛ヶ滝

 柿其渓谷編,続き。

01720.jpg

 柿其渓谷の出口付近にこの牛ヶ滝がある。

01721.jpg

 落ち口の形が特徴的で,水量もそれなりにある。隠れた名瀑である。

※ 写真はオリンパスE-520ED 40-150mm F4.0-5.6で撮影

[編集]

ファーム富田II

 美瑛・富良野編,続き。

01618.jpg

 これも前回と同じくファーム富田だ。大きな駐車場があるところを表とすれば,裏手のほうである。

01619.jpg

 最初に来た時はこの裏手のほうの存在を知らず,行けなかった。むしろ写真愛好家に好まれるのはこの裏手のほうのようだ。もしここを訪れることがあれば是非こちらにも足を運ぶと良い。

01620.jpg

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

眼鏡を作った。

 今日は少し早め(6時過ぎ)に帰って眼鏡を作ることにした。今の眼鏡の左目レンズに傷が付いて見えにくくなってきたからである。

 今回は前回と違って百貨店に行き,店員さんの勧めで999.9というメーカーのフレームに最も薄い非球面レンズを組み合わせ,コーティングもそれなりにいいものにしてもらうことにしたから,期待ができそうだ。

 買った時,レンズは高温の場所ではコーティングがダメになるので,かけたままサウナに入ったり眼鏡を自動車の中に置いておいたりしないようにと念入りにアドバイスされた。

 10日ほどで出来上がる。大切にして長く使いたい。

[編集]

ツバメの子

 尾瀬編,続き。

01664.jpg

 東電小屋ではツバメの子どもがいた。妙に可愛い顔をしていた。 

 少し癒されて,道を急ぐ。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

野尻駅へ

 柿其渓谷編,続き。

01722.jpg

 牛ヶ滝を後にすると,恋路峠を越えて野尻駅(十二兼の隣)まで歩いた。

01723.jpg

 恋路峠から野尻駅までの所要時間は40~50分もある。電車が2時間に1本しかないので時間管理は注意が必要である。

01724.jpg

 柿其渓谷編,おしまい。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

彩香の里

 美瑛・富良野編,続き。

01621.jpg

 彩香の里(さいかのさと)にも行ってきた。

01622.jpg

 この時期はクレオメが綺麗に咲いていた。

[編集]

尾瀬の風景IV

 尾瀬編,続き。

01665.jpg

 青空が池塘に空が写り込んでいる。

01667.jpg

 天気に恵まれたお陰でこの神秘的な光景を見ることができた。天気に感謝したことである。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

続・浜松旅行

 2010年7月17日から3日間,伯母2人が豊橋に遊びに来てくれた。

01725.jpg

 18日は浜松に案内した。豊橋に来てくれた時まず連れて行くのは浜松の竜ヶ岩洞と決めている。

01726.jpg

 洞内にはこの鐘がある。細い道の奥にある。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

------------------------------
●以前の浜松編はこちらから。

[編集]

彩香の里II

 美瑛・富良野編,続き。

01623.jpg

 彩香の里(さいかのさと)である。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

相変わらず体調が悪い。

 体調が悪い。その記事は既に4月に書いた。原因不明で息苦しいということも前に書いた。それが今なお続いている。4月20日には診療所に行って診察を受けたが,やはり原因は分からない。

 3月末からつもり貯金をしている。これは禁酒も意味する。それで,以前は毎日のように飲んでいたビールも,4月以降の76日で18回しか飲んでいない。だから,今の体調不良はアルコールとは関係がないようだ。そうでなくとも,今さら禁酒をしたからといって治るようなものではないことになる。

 今の苦しみはまだ我慢ができる。それが長引いていることのほうが不安が大きい。いつになったら治るのかその見込みが立たないということは,このまま悪化して死んでしまうのではないかという思いに繋がるからである。もうどうにでもなれという自暴自棄な気持ちにもなりかねない。

 そろそろちゃんと時間を取って,もう一度きちんと病院にかかるべきなのだろう。さいわい職場の近くの札幌駅ビルには医療モールがある。来週にでも,少し早めに帰って,内科にでも行って来たいと思う。

[編集]

尾瀬の木道

 尾瀬編,続き。

01666.jpg

 きっちり写ったものを今まで掲載してこなかったが,木道はこんな感じである。

01668.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

清水家再訪

 浜松編,続き。

01727.jpg

 これも以前の記事で紹介した,鰻の清水家である。誰を連れて行っても喜ばれるおいしい店なのだが,その分,かなり待たなければならない。

01728.jpg

 それで順番待ちに渡されるのがこの番号札である。この日は,駐車場に車を停めてから鰻重を拝むまで50分待った。

01729.jpg

 が,その価値はある。

 2010年7月18日。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

晴れの美瑛へ

 美瑛・富良野編,続き。

 前回までの記事で,2011年7月16日と17日に美瑛・富良野に行ったことを書いた。その日はどちらも雨だった。悔しいので,天気予報が晴れであることを確認したうえで,21日にも同じ場所に行くことにした。

01624.jpg

 よく晴れてくれて嬉しかった。美瑛・富良野が晴れるのは今回が初めてである。ちなみにここはファーム富田。この場所で撮る場合,方角から考えて,撮影は午前中のほうがよい。

01626.jpg

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

二度寝

 今日は二度寝した。学生時代はよくやったものだが,最近はあまりない。体調が良くなかったこともあるし,天気予報が曇りだったせいもある。二度目に起きたら11時前だった。

 さて,今日はこれから何をしようか。天気も悪いし,取りあえずまたカフェに行って本でも読もうかな。

[編集]

谷川岳

 尾瀬編,番外編。

 尾瀬から帰った日は水上温泉郷に泊まった。

 そして,その翌日の2011年7月26日は,谷川岳まで行ってみた。

01669.jpg

 といっても谷川岳ロープウェイで天神平駅まで登り,その周辺を30分ほど散歩しただけのことだけれど。

01670.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

龍潭寺再訪

 浜松編,続き。

01730.jpg

 この日も龍潭寺(りょうたんじ)を訪れたが,

01731.jpg

 あいにく改修中だった。

01732.jpg

 2010年7月18日。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

ひまわり畑とラベンダー

 美瑛・富良野編,続き。

 今回も2011年7月21日である。ファーム富田に長居しても空模様が変わらない(形のいい雲が出てくれない)ので,とりあえず彩香の里(さいかのさと)に行くことにした。

01627.jpg

 ひまわり畑とラベンダー畑が広がっている。広々として気分がいい。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

天神平のニッコウキスゲ

 尾瀬編,番外編続き。

01671.jpg

 ここにもニッコウキスゲが咲いていた。

01672.jpg

 あと,トンボがたくさん。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク