FC2ブログ

雪の箱根へ

 2011年2月11日,12日と箱根に行ってきた。

01032.jpg

 大雪だった。単なる想像だが,箱根でもこれだけの雪が降るのは珍しいのではないか。
 箱根登山鉄道に乗って,上を目指す。

01031.jpg
(強羅駅)

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

野崎邸のお雛様

 2009年2月8日に訪れた野崎邸に,雛人形が座っていた。

01185.jpg

 おそらく古いものであろう。

01186.jpg

 男兄弟の我々には余り馴染みのないものだが,

01187.jpg

 これも悪くない。

[編集]

銀の猿

 東山動物園編,続き。

 毛の白いニホンザルがいた。

01077.jpg

 おばあさんだろうか。

 どことなく気品があって,気に入った。

01078.jpg

 まだ元気にしてるかなあ。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

牛の彫刻

 雪の箱根編,続き。

01026.jpg

 箱根旅行の最初は彫刻の森美術館に行った。この牛の彫刻も,雪の中で,独特の佇まいを見せている。これが見られただけでもラッキーだったと思う。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

王子ヶ岳

 2009年2月8日,帰省した岡山で,王子ヶ岳に行ってみた。

01188.jpg

 子供の頃は親によく連れて行かれたものだ。といっても親自身がここを気に入っていただけのことで,子どものぼくには楽しかった記憶は特にない。子供が喜びそうな遊具など置かれていないし,単に広くて遊べるだけの場所なら家の近くに大きなグラウンドがあった。

01189.jpg

 が,今改めて訪れてみると,その独特の風景に神秘的なものを感じる。朝日や夕陽を撮りに来たら,ひょっとしたらいい写真が撮れるのではないか。もし岡山に転勤することがあれば,通ってみたくなりそうな場所である。

[編集]

サスカッチ

 東山動物園編,続き。

 サスカッチ,というのは東山動物園の雄の北極熊の名前である。

01080.jpg

 べたっっと寝そべって骨らしきものを齧っている。

01081.jpg

 …ンが。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

派手な巨像

 雪の箱根編,続き。

01023.jpg

 雪の彫刻の森美術館。この巨像の大きさを表すために,人が近くを通るのをじっと待つ。ほどなく2人連れがいい場所を歩いてくれた。ほんとはこんな絶好のシャッターチャンス,もっといいカメラで撮りたかったなあ。と思わないでもない。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

X-Pro1の価格

 富士フィルムのミラーレスカメラ「X-Pro1」の発表に期待していることを先日の記事で述べたばかりだが,本日のデジカメWatchの記事に「Pro1はボディで15万円ぐらい、レンズ込みで20万円近く」という富士フィルム電子映像事業部次長のコメントが出ているのを見てしまった。

 ちょっと手が出ない。それに,仮にそれだけの出費ができるとしたら,フォーサーズの高級レンズ(例えばED 14-35mm F2.0 SWD)を買い足すことができる。それならば,使い慣れており一定の信頼も置いているEシステムの拡充に資金を充てるほうが,保守的な私の性格には合っている(実際は買わないが)。

 X-Pro1の購入を,しばらくは決断できないような気がする。

[編集]

似て非なるもの

 電気分解において電極に析出する物の重量は電解質を流れた電気量に比例し、一定の電気量によって析出する物質の重量はその元素の原子量に比例し、その原子価に反比例する。これを「ファラデーの法則」という。

 おなかに析出する脂肪の重量は喉を流れたビールの量に比例し、一定のビールの量によって析出する脂肪の重量はそのおつまみの量に比例し、その意志の力に反比例する。これを「ハラデーの法則」という。

 気を付けましょう。

[編集]

桜家のうなぎ

 2009年3月8日,三島の桜家に行ってきた。

01190.jpg

 豊橋から埼玉に研修に行く時,途中下車をして立ち寄った。桜家に来るのはこれが3回目だ。とにかくうまい。三島を通るときにはいつもここのうなぎを思い出してしまう。

01191.jpg

 北海道はうなぎを食べる習慣が薄い。
 それで,余計に,うなぎが恋しくなる。

[編集]

アシカの昼寝

 東山動物園編,続き。

01084.jpg

 カリフォルニアアシカもこの日はよく昼寝をしていた。

01085.jpg

 ここまでは良いとして…(次回に続く)

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

無機質な物体

 雪の箱根編,続き。

01022.jpg

 雪原の中に彫刻が点在する。

01021.jpg

 この無機質な物体が,特に気に入った。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

アシカのヨダレ

 東山動物園編,続き。

01087.jpg

 ここまでダラーと垂れていると撮らずには済ませられまい。

01086.jpg

 苦手な人ごめんなさい。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ステンドグラスの塔

 雪の箱根編,続き。

01024.jpg

 この塔の中の,

01025.jpg

 ステンドグラスが美しい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

氷点下10℃の世界

 札幌に来て9か月が過ぎた。最低気温が氷点下10℃,最高気温でも同3℃程度までしか上がらない。本州にいた頃も冬が寒くなかったとはいえないが,札幌はその比ではない。屋外で手や耳を露出することは危険であり手袋と耳当てがなければ暮らせない。

 しかしそれもあと2か月ちょっとの辛抱だ。そうすればこの雪が解け水芭蕉の花が咲くはずである。

 春よ,来い。

[編集]

コビトカバの視線

 東山動物園編,続き。

 コビトカバのお食事中にお邪魔した。

01088.jpg

 ちょっと怪訝そうに一瞥された。

 失礼しました。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

古代遺跡

 雪の箱根編,続き。

01027.jpg

 巨大な顔が,横たわっていた。

01028.jpg

 古代遺跡に紛れ込んだような錯覚を覚える。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

ゴリラ襲来

 東山動物園編,続き。

 ゴリラの所にいったら,

01089.jpg

 猛然と向かってきた。

01090.jpg

 間には溝があってこちらに届くはずはないのだが,この一瞬ほど恐怖を感じたことはない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

星の王子様ミュージアム

 雪の箱根編,続き。

 箱根では,星の王子様ミュージアムにも行ってみた。

01033.jpg

 余り期待することなく足を運んだ場所だが,意外に良かった。
 建物に入ると,廊下を歩きながら,『星の王子様』の作者サン・テグジュペリの生涯を辿ってゆく仕組みになっている。その展示が,写真,人形,幼少時のベッドなど,細かいところまで作り込んであった。また,星の王子様の要約的な短いアニメも放映されているし,グッズ売り場のアイテムもつい欲しくなるものが多い。

01034.jpg

 というわけで,ここはオススメの場所である。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

鼻くそゴリラ

 東山動物園編,続き。

01091.jpg

 ほじって,

01092.jpg

 食べる。

 ちょっと塩味。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

王子様の赤いバラ

 雪の箱根編,続き。

01035.jpg

 星の王子様ミュージアムにある教会に,綺麗なバラが飾ってあった。
 こういう細かい心配りも,好感の持てるところである。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

講義案

 今月末に,職場で,ある専門分野に関する講義をすることになった。その講義案とレジュメを最近書いている。本業のほうは午後7時には終わるので,それ以降が起案の時間になるわけだ。

 講義案を作っていると,分からないことが色々出てくる。普段の仕事をする中では何となくやり過ごしていたことを,改めて基本から考えることになる。疑問に思ったことを色々調べているうちに,自分の頭の中が段々整理されてくる。それが面白い。

 受講者よりもむしろ講演をする自分自身の勉強になる。

[編集]

小枝でほじる

 東山動物園編,続き。

01093.jpg

 ゴリラが木の穴を小枝でほじっていた。餌の虫でもいるのだろうか。ただ,この時は,何かを釣り上げて食べるところまでは見られなかった。単に遊んでいただけなのかもしれない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

箱根の関所・雪

 雪の箱根編,続き。

01036.jpg

 箱根の関所にも行ってきた。

01037.jpg

 あまり広くはないが,それなりに楽しめる場所だった。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

祝い金

 結婚したので,職場の保険から祝い金が出るらしい。
 ムフフ…。
 どのレンズを買おうかな。

[編集]

シャーマン・ゴリラ

 東山動物園編,続き。

01095.jpg

 葉の付いた木の枝をゴリラが弄んでいる。

01094.jpg

 これからお祓いでも始めるかのようで,シャーマンを思わせる。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

雪の日の夜

 雪の箱根編,続き。

01029.jpg

 地吹雪が吹く。
 夜はまた一段と冷えた。
 
01030.jpg

 雪の箱根編,おしまい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

用心棒

 東山動物園編,続き。

01097.jpg

 前回と同じゴリラだ。さらにアップで撮ると風格が違う。時代劇に出てくる用心棒か山賊の頭領のようだ。

01096.jpg

 霊長類はいつ見てもいい表情をしていて,期待を裏切らない。

※ 写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

朝霧高原

 2011年2月5日と6日に富士山を見に行った。

 朝霧高原のあたりである。

01000.jpg

 泊まりは精進湖畔を予定していた。バスの本数が少ないので途中下車できる場所が限られる。そこで,まかいの森や県境など他の候補地を諦めて道の駅朝霧高原で降りることにした。結果としてはイマイチだった。ところが,場所を移したくても,次のバスまで長い時間を待たされる。どうにももどかしい。

 要するに,公共交通機関で富士山麓に行くのは,はっきりいって,かなり時間がもったいない。富士山麓を訪れるなら,バスに乗るよりレンタカーを借りるほうが良い。というのが今回の旅行の結論である。

00998.jpg

※ 写真はオリンパスE-30 + 14-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。三脚使用

[編集]

新機種の噂

 オリンパスがまたμ4/3で新機種を発売するということだ。それ自体結構なことである。

 だが私の関心はそこにはない。元々の4/3はどうなるのだろう。どうもこのまま放置されてしまうような気がする。そのうちE-5よりもずっと画質のいいμ4/3機が登場し,事実上そちらへの移行を余儀なくされるのに違いない。もちろんμ4/3の新機種で4/3のレンズがE-5と遜色なく使えるならそれに越したことはないのだが,そうでなければフルサイズ機に乗り換えるかも知れない。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク