スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

神威岬

 2011年8月7日,神威岬に行ってきた。

00859.jpg

 この場所が一番好きだ。午前中も夕暮れも。

 ちなみに今回の旅程は次のとおり。まず自家用車で朝8時過ぎに札幌発 → 午前10時半神威岬到着(順光で撮るため。午後は逆光になる) → 午後1時昼食 → 近くの温泉で汗を流し,引き続き読書で時間つぶし → 午後5時半神威岬再訪(夕陽を撮るため)。

 神威岬を初めて訪れる人にとって,この記事が何かの御参考になれば幸いである。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚使用
スポンサーサイト

[編集]

積丹ブルー

 海が,碧い。

00857.jpg

 神威岬を訪れるのは初めてではない。だが前回は到着時に既に午後の逆光だった(下の写真参照。5月22日午後4時34分)。ローソク岩は碧い海で撮りたい。順光になる午前中に訪れる必要がある。それで,2011年8月7日は,札幌の家を8時に出た。写真は11時19分に撮ったものである。

 このあとは,ウニを食べ,温泉につかり,夕陽を見て帰ってきた。休日らしい休日だった。

00858.jpg

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚使用

[編集]

フォトコンテストに応募した

 オリンパスのフォトコンテストに応募した。

 要は,賞品のオリンパスE-P3が欲しいと思ったのである。むろんそれが自惚れであることは重々承知している。が,それでも,何票入るか力試しがしてみたいと考えて思い切って投稿してみた。

(2011.10.04一部削除)

[編集]

神仙沼

 2011年8月28日,神仙沼に行った。

00865.jpg

 ニセコで最も美しいとされる沼である。札幌から西に2時間10分。紅葉狩りの下見が目的だった。しかし来てみれば晩夏も悪くない。この日でもそれなりの人が来ていたから,混雑が予想される紅葉の季節に行くならかなりの早起きをするのが良さそうだ。

[編集]

きらきら

 神威岬の夕暮れを見に行った。

00867.jpg
(2011.08.27 17:53@神威岬・展望台)

 写真を見る人の視線を人物のシルエットから画面の左上に自然に誘導するためには,波間の光をもう少し右に配置したほうがよい。だが日没の時刻と方位。この2つの条件を両立させることができなかった。この写真の反省はそこにある。

 岬のゲートは時期によって閉門時刻が違う。どうやら7~8月は午後7時に閉まるようだ(確証はない)。上の撮影場所から駐車場まで降りてゲートを出るのに15分程度。日没の時刻は7月1日だと午後7時18分頃,8月1日でも午後6時57分頃なので,この頃だと時間切れになる。8月15日でやっと午後6時38分頃,8月31日だと午後6時13分頃だ。晴天に恵まれても8月半ばにならなければ写真の場所から夕陽を撮ることはできないわけである。さらに,日が経てばたつほど太陽の沈む位置は南に移動する。8月末になれば落日は岬の突端から大きく左に外れてしまう。それで,日没の時刻と方位という2つの条件を両立させるのが難しい。

 撮影旅行の前に色々な情報を仕入れていないと,せっかく来ても目的は果たせない。現地のことはあらかじめ綿密に調査しておきたいものだ。

※ 写真はオリンパスE-5ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影。三脚使用

------------------------------
(追記)

 2012年9月1日,ゲートの開閉時刻が積丹観光協会のホームページに載るようになっているのを見付けた。開閉時刻が変わるたびに What's New の欄にお知らせが出る。例えば「8月30日(木)より,神威岬ゲート開放時間が,午前8:00~午後18:30までと変更になりましたのでお知らせいたします。」という具合だ。こういう情報がホームページで告知されるようになったことは非常にありがたい。

[編集]

E-PL1s購入

 2011年8月30日,オリンパスPEN Lite E-PL1sを注文した。年末に予定している新婚旅行でできるだけ綺麗な写真を残したかったからである。

 今ある一眼レフでは荷物がかさばり行動が鈍くなる。といってサブ機のCanon Powershot S90では物足りない。そこで,旅行の日までにミラーレス機を1台買っておこうと決めていた。

 では何を買うか。

 あれこれ迷ったものの,結論として,E-PL1s+キットレンズ(14-42mm F3.5-5.6II)+パナソニックの20mm F1.7という体制に落ち着いた。その理由として――

 1 画質と携帯性のバランスを考えてマウントはμフォーサーズとし,ボディは手ブレ補正機能があるオリンパスのものを買う。ここまでは早くから決めていた。一眼レフでなじんだメーカーに愛着を感じていたのももちろんある。

 2 ボディは,高機能だが高価な最新機種(PL3,PM1)か安価だが低スペックの型落ち品(PL1s,PL2,P2)かで大いに迷った末に,安さを取った。レンズキットが約6万8000円※するPL3に対し,PL1sなら約2万9000円で買える,というだけでなく,PL1sのキットレンズ(14-42mm F3.5-5.6II)は改良版(14-42mm F3.5-5.6II R)と機能的には同じようであり(デザインが違うだけ),付属バッテリーも最新機種と同じBLS-5だったため,総合的にみて割安だと判断したのである。

 ※ フォトパスでプレミアム会員割引のうえポイントを上限まで使用した場合の値段がこのくらいになる。

 もっとも,PL3が3万5419円を切ったら,買い換える。それで,今すぐPL3を買うのと同じ出費になる。μ4/3のボディーの値崩れぶりを見ていると,2年以内にはこれも手に入るに違いない。

 3 PL1sを選んだ時点で14-42mm F3.5-5.6IIを手元に置くことが確定したが,このレンズは暗くて短い。旅行には明るいレンズが必要なので,評判のよいパナソニックの20mm F1.7を追加した。他方,長いレンズは費用対効果を考えて当面の導入を見送った。望遠レンズなしでしばらく試し,必要を感じた時点で40-150mm F4.0-5.6R14-150mm F4.0-5.6を追加すればよいだろう。

 以上の次第で,近々ミラーレス機が家に届く。

 楽しみだ。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。