スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

新婚旅行

 去年(2011年)12月に新婚旅行に行ってきた。行き先はスペインである。バルセロナとグラナダ,マドリッドの3都市に宿を取った。マドリッドからは日帰りでトレドにも足を伸ばす。

 ともあれまずはバルセロナに行ってみよう。

02432.jpg

 旧市街・ゴシック地区には王の広場がある。その北東にこの銅像が立っていた。王の広場自体はこの建物の裏側だ。建物の谷間にあって,冬はやや薄暗い。観光スポットとしても寂しい場所で,写真も残さなかった。むしろこの銅像のある場所のほうが,明るい印象として残っている。

02433.jpg

 バルセロナ1日目は,主としてゴシック地区を回った。具体的には,昼食の後,王の広場→カタルーニャ音楽堂→ダリ美術館→カテドラル(大聖堂)→ピカソ美術館→サン・ジュセップ市場という回り方をした。全部徒歩で回れる範囲内にある。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影
スポンサーサイト

[編集]

鐘楼

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02453.jpg

 ホテルの近くでカッコいい建物を見付けた。

 『地球の歩き方』('11-'12版)には紹介されていない。地図にすら載っていない。語るべき歴史も特徴もないのだろう。ひょっとしたら単なる商業施設かも知れない。それでも,こういう建築物が街なかにあるというだけで,気持ちが浮かれてくる。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

エル・パラセ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 バルセロナの宿は市街地に近いエル・パラセに取った。

02446.jpg

 グラン・ビア・ダ・ラス・コルツ・カタラナス沿いにある。

02448.jpg

 振り返ってみると,この後のグラナダやマドリッドのホテルと比べても,最も良いホテルだったことが分かった。

02449.jpg

 部屋は広く,従業員は丁寧で,設備も充実しており清潔で,食事もおいしい。

02447.jpg

 間違いなく,新婚旅行のためのホテルとしてオススメである。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

4匹の猫

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 バルセロナの1日目は昼過ぎに市街地に着いた。まず腹ごしらえをすることにした。

 妻が探してくれたのがクワトロ・ガッツ(4匹の猫)である。場所はゴシック地区の裏路地だ。入りやすい雰囲気で,繁盛している様子が外からも分かる。入ると2階に案内された。2階,といっても吹き抜けに面した席だった。1階で飲んでいる人々の頭がよく見える。

02434.jpg

 食事は定食を頼んだ。

02435.jpg

 味はそこそこ。まずくもないが絶賛するようなものでもない。味付けは普通だし肉は少し硬かった。しかしそれは問題ではない。ここはピカソも通ったという店で,いわば観光名所のひとつなのである。

 ちなみに,「4匹の猫」とは,スペイン語の慣用表現で「人が少ない」という程度の意味らしい。無理に日本語にすると「閑古鳥軒」というところだろう。妙な名前を付けたものだ。ユーモアなのか,あえて不景気な名前を付けることで却って繁盛のまじないになるということなのか。

※ 写真はE-PL1s20mm F1.7で撮影

[編集]

カタルーニャ音楽堂

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 クワトロ・ガッツを後にして,カタルーニャ音楽堂に行ってみた。

02436.jpg

 が,中に入ることができなかった。『地球の歩き方』('11-'12版204頁)には,「見学はガイドツアーで所要50分。…人数制限があるので早めに購入すること」とある。それに引っ掛かってしまったようである。このあたり,行き当たりばったりで少しもったいないことをした。

02437.jpg

 仕方なく外から眺め,写真だけを撮って,ダリ美術館に向かう。

※ 写真はE-PL1s20mm F1.7で撮影

[編集]

カテドラル

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 ダリ美術館を後にして,カテドラルに向かった。

02441.jpg

 その裏路地がこれであり,

02442.jpg

 表から見るとこんな感じである。

 本当はカテドラルの前の広場でクリスマス市をやっていた。店に並んでいるクリスマス用品を見るのは楽しい。レンズを向けるのは気が引けたので,写真は1枚も残っていない。あの時「写真を撮ってもいいですか?(? Puedo tomar fotos ?)」と聞く勇気があったらなあ,と思う。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

ダリ美術館

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02438.jpg

 ダリ美術館は私のたっての希望で訪れた場所である。が,ここには絵の完成品は多くない。銅像や絵のスケッチの類が展示の大半を占めている。

02439.jpg

 はっきり言えば,やや期待外れだった。1人当たり8ユーロも取るのはちょっと高過ぎると思う。

02440.jpg

※ 写真はE-PL1s20mm F1.7で撮影

[編集]

サン・ジュセップ広場

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 写真が残っていないが日暮れの頃にピカソ美術館(ここはダリ美術館と違ってかなりオススメである)に行き,日が暮れてからそこを出て,妻の希望でサン・ジュセップ広場に行ってみた。

02443.jpg

 香辛料専門店,

02444.jpg

 八百屋や果物屋,

02445.jpg

 魚介類の店など実に種々雑多な店が並んでいる。

 活気があって,面白い。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

ホテルの朝食

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。今日からバルセロナ2日目である。

02451.jpg

 ホテルをエル・パラセにしたことは以前に書いた。

02452.jpg

 このエル・パラセは,食事がおいしいという評判だった。それが決め手で予約した。その期待を裏切らないものだった。種類が充実しているだけでなく,1品1品がおいしかったのを覚えている。

※ 写真はE-PL1s20mm F1.7で撮影

[編集]

朝のバルセロナ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 バルセロナ2日目はガウディーの日にすることにした。ホテルから歩いてまずサグラダ・ファミリアを訪れる。そこからタクシーを拾ってグエル公園に足を伸ばす。またタクシーで街まで戻ってカサ・ミラとカサ・バトリョを見学する。というのが大まかな流れである。まずまず無理のない日程となったと思う。

02458.jpg

 ホテルから北東に向かうとこの闘牛場がある。モヌメンタル闘牛場という。12月は闘牛の時期ではない。それで外から見るだけにした。

 この闘牛場のある交差点を左に折れるとサグラダ・ファミリアがある。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

落書きのバルセロナ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02454.jpg

 バルセロナの街はこのような落書きが多かった。

03125.jpg

 治安に対する不安を覚えるには十分だ。夜暗くなってから1人で歩くのは危険だということを肌で感じる。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

ただいま工事中

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02468.jpg

 サグラダ・ファミリアに着いた。ホテルから歩いて20分くらいだったと思う。

02469.jpg

 実際に見てみると,圧倒的な存在感と妙な居心地の良さに驚かされた。ガウディのことを,それまではただの奇矯な趣味を持った建築家だとばかり思っていた。その思い込みが完全に間違いであることがよく分かった。俄かにガウディのファンになった。

02460.jpg

 そして,この日も,工事中。

 完成されたらまた見に行きたいものである。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

幻想

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02461.jpg

 サグラダ・ファミリアのステンドグラスは午前中が素晴らしい。カメラに記録された時間は午前9時47分。少なくとも冬至近くのこの時期この時間帯,太陽がちょうど後ろから差してくる。正面の白い壁を幻想的な光が満たしてゆく。

02462.jpg

 このような演出を考えて設計したガウディは,やはり天才である。

02463.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

骸骨の体内

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02464.jpg

 サグラダ・ファミリアの天井を見上げる。

02465.jpg

 巨大な骸骨の体内に取り込まれたような錯覚を覚える。不思議な空間が作り出されていた。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

教会の壁

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02467.jpg

 サグラダ・ファミリアの壁にはたくさんの色々なものが彫られている。細かく見て行けば面白いのだろう。私はそれを解読するためのキリスト教の知識がないために,結局ちんぷんかんぷんのまま終わってしまった。

 もったいない。

02466.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

グエル公園I

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 11時前にタクシーに乗り,ほぼ11時ちょうどにグエル公園に着いた。

02470.jpg

 青い空がバルセロナの公園によく似合う。

02471.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

グエル公園II

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02475.jpg

 これはガウディの家。有料だが(公園は入場無料),お金を払ってまで見る価値があったかどうかは,人によって意見の分かれそうなところかもしれない。入場無料の公園だけでもかなり充実しているから,わざわざ日本から行く場合,時間がなければガウディの家は省いてもよいと思う。

02476.jpg

 もっとも,ここには,個人的に残念な思い出がある。

 手に持ったカメラに水準器を付けていた。これを,従業員のスペイン人女性がフラッシュだと勘違いして,注意してきた。言葉が不自由で誤解を解く術がない。叱られ損だ。腹立たしさと悔しさの入り混じった嫌な気持ちでこの建物を後にした。

 この家に対しては,そういう苦い気持ちを持ち続けている。人に素直に勧められないのは,私的なその鬱屈した気分も手伝っている。この記事の記述については,少し割り引いて考えてもらったほうがいいかも知れない。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

グエル公園III

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02472.jpg

 グエル公園内はかなり広い。我々はくまなくここを歩きまわって,結局12時過ぎまで1時間ほどここにいた。散歩のし甲斐のある場所であることは間違いない。

02473.jpg

 ただ,海外旅行では時間が限られているのが普通であろう。あまり1箇所で長くの時間を費やすのがいいのかどうかは,その人次第だと思う。グエル公園を旅程に組み込む時には,時間管理に十分注意したい。

02474.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

グエル公園IV

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02477.jpg

 もう1つ,グエル公園の風景を。

02478.jpg

 これはかなり奥のほうである。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

タパ・タパ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 スペインといえばタパスである。

02479.jpg

 タパスの店「タパ・タパ」。バルセロナ2日目のこの日はここに入った。グエル公園からいったんタクシーでホテルに戻り(その理由はカメラの予備電池を部屋に置き忘れたからで,時間的にはもったいないことをしたが,妻がそれを許してくれたので,感謝している),そこから歩いてカサ・ミラのほうに少し歩いたところで見付けたのである。『地球の歩き方』にも載っている。

02480.jpg

 テリヤキというメニューがあったので頼んでみた。鶏串の照り焼きである。柔らかくてうまい。

02481.jpg

 チーズの揚げたのもビールの進むおつまみである。

 全般的にここの料理はおいしかった。英語メニューもあって初心者にも優しく,バルセロナのタパスを気軽に楽しむにはうってつけの店である。

 ちなみに,パエリアも注文しようとした。店員のお兄さんに「30分かかる」と言われた。ここでは諦めることにした。これにありつけたのは,結局,マドリッドに着いてからである。そのことについてはまた後日の記事で。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・ミラ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 さて,バルセロナ2日目の午後1番はカサ・ミラである。

03126.jpg

 海の中のサンゴのようであり,

02484.jpg

 見れば見るほど不思議な形をしているが,

02485.jpg

 眺めていて実に落ち着く良い建物だと思った。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・ミラの吹き抜け

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02486.jpg

 カサ・ミラに入ると内部が吹き抜けになっている。

02487.jpg

 ひんやりとした静的な空間が広がっていた。

02488.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・ミラの屋上

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02489.jpg

 カサ・ミラの屋上にはますます奇妙なオブジェがある。

02490.jpg

 ただの飾りではなく煙突らしい。

02491.jpg

 屋上からは遠くにサグラダ・ファミリアも見える。

02492.jpg

 相変わらず空が青い。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・ミラの部屋たち

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02493.jpg

 いうまでもなくカサ・ミラは集合住宅である。

02494.jpg

 内部は実用的な造りとなっていて,極めて居心地の良い空間だった。

02495.jpg

 無性に感動して帰ってきたことである。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・バトリョI

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

 相変わらずバルセロナ2日目である。

02496.jpg

 カサ・ミラの次はカサ・バトリョを見学した。

02498.jpg

 この吹き抜けは,上に行くほど色が濃くなっている。これは,光の強さが下に行くほど弱まるため,上を暗く,下を明るくすることによって,実際に見える色の濃さを調節しているのである。

02499.jpg

 全く,素晴らしい。この時点では既にすっかりガウディ建築のファンである。

03127.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・バトリョの白い部屋

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02500.jpg

 カサ・バトリョの最上階はこのような白い部屋で成り立っている。日本語のガイド機械を借りて説明を聞いたにもかかわらず,詳しいことは忘れてしまった。ただ,いずれにしても柔らかく気持ちの落ち着く空間であることは,他のガウディ建築とも共通していることである。

02501.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

カサ・バトリョの屋上の風景

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02502.jpg

 カサ・バトリョの屋上も,特徴的なオブジェが配置されている。恐竜の背のようなイメージと,十字架のイメージだろうか。よく分からない。しかしこれを眺めながらいろいろ考えること自体がまた面白い。

02503.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

夕時のカサ・バトリョ

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02504.jpg

 カサ・バトリョの見学はかなりの時間がかかった。1時間半近く中にいた。日本語のガイド機械が入場料に含まれていて,どうしてもそのガイドを使って20以上の説明を聞くことになり,しかも1つ1つの説明がかなり長かったためである。ここを訪問するには時間の調整に注意が必要かもしれない。

02505.jpg

 それはともかく,上の1枚目の写真は日没後30分以内の時間帯(マジックアワー)に撮影したものである。2枚目の写真はそれから約1時間後のものだ。完全に日が暮れてからよりも,明らかに,マジックアワーのもののほうが美しい。

 海外旅行にカメラを持って行かない人は少ないはずだ。そうであれば,是非,マジックアワーは無理をしてでも何か1枚シャッターを切っておくといい。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

光の矢

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02506.jpg

 夜のカサ・ミラである。光の矢は自動車のライトだ。三脚を立ててぶれないように固定し,露出の時間を5秒としてある。空が既に暗いので美しさには欠ける。が,ちょっと面白い効果が得られたと思う。それで掲載することにした。本当は,できれば空が青黒いうちに撮りたい写真である。

02507.jpg

 こちらはカサ・バトリョである。書き忘れたが,上の2つの建物は3ブロックの距離にあり,ごく近い。だから,急げば,1日の同じ時間帯に両者をいずれも写真に収めるチャンスがある。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

バルセロナの夜

 新婚旅行編,続き(バルセロナ)。

02508.jpg

 バルセロナ最後の夜になるので少し夜の景色も写真にしておくことにした。上はエル・コルテ・イングレスというあちらでほぼ唯一と思われるデパートである。といっても日本の有名百貨店のようなものをイメージするとちょっと違う。高級品はあまり売っておらず,むしろ安価な食材などを売るスーパーも併設しているくらいだ。市民の味方という印象を持った。

02509.jpg

 これはマンゴ。若い女性の間で人気のあるブランドらしい。クリスマス向けの展示が可愛らしかった。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。