スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

梅の里

 2011年3月6日と12日に川売の梅を見に行った。

01124.jpg

 川売(かおれ)とは,愛知県新城市にある山里の名である。豊橋からだと車で行くしかない(と思われる)。ここの梅は観賞用ではなく,実を採るためのものだ。華やかさはないが,そのぶん,素朴な味わいがある。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影
スポンサーサイト

[編集]

石垣と梅

 川売の梅編,続き。

01125.jpg

 川売地区を見下ろすことができる,奥の高台にこの梅がある。簡単な物置も,この山里の風景に日本的な美しさを添えてくれている。個人的には川売の中でこの場所が一番気に入っている。

01126.jpg

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

猿ヶ岩

 川売の梅編,続き。

01127.jpg

 どーん! と現れるこの異様な顔。川売地区の高台に聳えるこの岩が,梅を見に来た観光客を驚かせてくれる。せっかく川売に行くならこの岩も是非ご覧あれ。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

流れる画

 川売の梅編,続き。

01128.jpg

 何だか不思議と背景の画像が流れている。元々の狙いとは程遠いのだが,この雰囲気もそう悪くないと思える。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

梅を仰ぐ

 川売の梅編,続き。

01130.jpg

 川売地区の梅は段々畑になっている。そのため段の下から梅を見上げることができる。

01129.jpg

 平地でも地面に這いつくばってローアングルで撮ることはできる。しかし,ただ歩いているだけで敢えてそういう撮りかたをしようと思うことは少ないのではないか。そういう意味で,「そうだ! ローアングルでも撮影しよう!」と思わせてくれるこういう場所は,それまでの自分の撮り方の癖を見直すために,役に立ってくれる気がする。

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

バンザイの梅

 川売の梅編,続き。

01132.jpg

 この梅,ちょっとバンザイしいているようだ。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

まだまだ蕾

 川売の梅編,続き。

01133.jpg

 前にも書いたが,川売を訪れたのは,2011年3月6日と12日である。やはり少し早かった。梅も蕾のままのものが多い。もう1週間後に来られれば良かったのだが,用事があって叶わなかった。読者の皆様に時間があるなら,3月15日前後が良いと思う。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

青空と梅

 川売の梅編,続き。

01140.jpg

 この時期の空は霞んでいる。それが春らしい。しかし写真としては,どうもはっきりしないものになってしまったような気がする。

01134.jpg

 うーん…。

 できれば再挑戦したい。今年は札幌近郊でどこかいい梅林を見付けて通いたいものだ。

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

梅林の廃車

 川売の梅編,続き。

01135.jpg

 梅林の中心部に錆びた古い自動車があった。廃車にもせず放置されていた。こういうものもまた,田舎の風景のひとつとして,郷愁を誘う素材になっているようだ。それをアートフィルター「トイフォト」で現像してみた。遠い過去を穴から覗いているようなイメージで。

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

和むひととき

 川売の梅編,続き。

 梅林で,皆が写真を撮っているわけでは無論ない。

01136.jpg

 夫婦で座ってのんびりしている人もいれば,

01138.jpg

 筆を取り出して絵を書いている人もいた。

 日本人に生まれてよかったなあ。と心から思う。

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

 川売の梅編,続き。

01139.jpg

 川売ではたくさんの写真を撮ったが,実はあまり満足していない。その中では今回の写真が一番気に入っている。孤独な感じのこの花が,凛として健気に思えるのである。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ほわほわ

 川売の梅編,続き。

01142.jpg

 白梅の写真をアートフィルター「ファンタジックフォーカス」で現像してみた。

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

極彩色

 川売の梅編,続き。

01149.jpg

 川売地区の入り口に橋がある。その橋の横にも梅が生えていた。その写真をアートフィルター「ポップアート」で現像してみる。実物とは似ても似つかぬ極彩色の色合いになってしまうが,遊びとしては,これはこれで面白い。

01148.jpg

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

謎の農機具

 川売の梅編,続き。

01150.jpg

 川売地区の左手奥に,細く長い道がある。そこにこの農機具があった。いったい何に使うのだろう? ぼくが単に無知なだけだが,用途が全く分からない。分からないまま,異次元に迷い込んだような錯覚を持ち,その不思議な気分にしばらく浸っていた。

01151.jpg

※写真はオリンパスE-3014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影

[編集]

川売近郊

 川売の梅編,番外編。

01152.jpg

 川売地区の梅が有名だが,そこに行く途中にも,梅の木が点在している。それなりに立派な木が多い。

01153.jpg

※写真はオリンパスE-30ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。