スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

巨木の森

 2011年7月16日,天人峡を訪れた。

00856.jpg

 ここに来たのは羽衣の滝が目当てである。しかしまず,駐車場から滝に至る道の脇に聳える巨木に圧倒された。樹の「大きさ」を撮るならば比較対象となる何かをほんらい画面に入れ込むべきだったのだろう。この時のぼくは何も考えることなくただシャッターを切った。反省。
スポンサーサイト

[編集]

霧に煙る羽衣の滝

 2011年7月16日,天人峡に行ってきた。

01613.jpg

 これが目当ての羽衣の滝である。

 雨であいにくの天気だと思っていたが,霧雨に煙る滝もまた天人峡の名にふさわしい有限な雰囲気を演出していた。写真にとって雨は必ずしも敵ではない。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚,PLフィルター使用

[編集]

エゾシカの親子

 天人峡編,続き。

 天人峡からの帰りのことである。自動車を運転していると,道の脇に大きな影が動くのが見えた。慌ててブレーキを踏む。エゾシカの親子だ。急いでレンズを望遠ズームに交換し,車窓を開けて連写した。

01614.jpg

 これがその中の1枚である。やや構図が甘いことは承知している。ジャスピンでないことも痛いほど分かっている。しかしここでは敢えて掲載する。北海道で車を走らせていれば彼らに出会えることを,道外の読者に知ってもらいたいからである。

※ 写真はオリンパスE-5 + ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影。手持ち。

[編集]

秋めく羽衣の滝

 2011年10月16日,羽衣の滝に行ってきた。

02018.jpg

 点在する紅葉に彩られた岩壁が圧倒的な存在感を誇る。その割にここは人も少なく秘境の雰囲気が損なわれていない。夏と冬にも行った。秋が最も良いと思う。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

黄葉乱舞

 天人峡編,続き。

02019.jpg

 この日は風が強かった。突風が吹くたびに黄葉が乱舞する。いつでも見られる光景ではない。かなりの幸運に恵まれたものだと思う。

02020.jpg

 ちなみに,風が吹かないと,こんな感じである。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

滝を脇役に。

 天人峡編,続き。

02021.jpg

 前回と同じ場所から撮ったものである。

 羽衣の滝には観瀑台が2箇所しかない。そのためどうしても滝を見るアングルは限られてしまう。だから,バリエーションを撮ろうと思えば,季節を変えるか切り取り方を変えるかしかない。それで,今度は滝を脇役として,単なる風景の一部分にしてしまうことにした。

 滝は魅力的な被写体だ。どうしても主役にしたくなる。それをグッと我慢できれば,表現の幅が広がるようである。

02022.jpg

 滝を主役にすると,あとはこのように縦構図にでもするか,ドアップにするかくらいしか思い付かないからである。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

黄葉と柱状節理

 天人峡編,続き。

02027.jpg

 柱状節理の岩壁を背景にして,黄葉を撮ってみた。といっても,ここは,黄葉とオレンジとが入り混じっている。内心では真っ赤な紅葉を見たい気もするのだが,北海道の秋はこの色である。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

秋の渓流

 天人峡編,続き。

02023.jpg

 天人峡の入り口付近に橋がある。橋から左手を見ると,渓流の中に立派な黄葉を見付けることができる。奥には柱状節理の岩肌も見えている。変化に富んだ,趣ある風景だと思う。天人峡の主役が羽衣の滝であることは間違いないが,それ以外にも見所は多い。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

天人峡入口にて

 天人峡編,続き。

02025.jpg

 天人峡の入口付近から,柱状節理の岩壁を背景に黄葉を写してみた。ここは訪れる人も少なく,本当に秘境の感がある。美瑛からも少し遠く,遠路はるばるやってきた割には観るべき場所の数自体は少ないため,費用対効果だけを考えれば敬遠されるものであろうか。

02024.jpg

 しかし,個人的には,少なくとも紅葉の季節の素晴らしさは必見だと思っている。2度目に来るかどうかはともかく,是非1度は訪れることをお勧めしたい場所の一つだ。

 秋の天人峡編,とりあえずここまで。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影。三脚+PLフィルター使用。

[編集]

雪の羽衣の滝

 天人峡編を少しだけ再開する。

02657.jpg

 2012年1月28日,天人峡に行ってみた。写真は羽衣の滝である。悪くはないが,やや寂しさを禁じ得ない。

02658.jpg

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

雪の天人峡I

 天人峡編,続き。

02660.jpg
(2012年1月28日@天人峡)

 天人峡の渓流は,雪に覆われて,いい雰囲気だった。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

雪の天人峡II

 天人峡編,続き。

02659.jpg
(2012年1月28日@天人峡)

 これは羽衣の滝の近くの橋の上から。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

マシュマロ

 天人峡編,続き。

02661.jpg
(2012年1月28日@天人峡)

 天人峡には渓流の中に大きな岩がある。

02664.jpg
(同前)

 それに雪が積もった姿は,マシュマロのようだ。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

くらげ雪

 天人峡編,続き。

02663.jpg
(2012年1月28日@天人峡)

 雪のマシュマロと氷柱とが,クラゲのよう。

※ 写真はオリンパスE-5 + 12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。