スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

Bio Cafe(前編)

 豊橋時代によく行っていたパスタ屋がある。生パスタが食べられるおいしい店で,値段も安く,ひいきにしていた。客も多かったように思う。そこに久々に行ってみたら,店が変わっていた。残念だなあと思いながら入ってみたのがこの店だった。

00394.jpg

 おしゃれな雰囲気でなかなか良い。

00396.jpg

 店の中も綺麗で,これはこれでいいと思った。
スポンサーサイト

[編集]

Bio Cafe(後編)

 そのBio Cafeで注文したランチセットの

00397.jpg

 スープとサラダと,

00398.jpg

 スパゲッティ。
 どれもそれなりにおいしかった記憶である。

 その後まもなく札幌に転勤したので,このお店がどうなっているのか,今は分からない。振り返ってみると,豊橋は,おいしくて安い店が多かったように思う。

[編集]

庭の水仙

 以前住んでいた豊橋の家には庭があり,冬になると水仙が咲いた。

01180.jpg

 それを,当時家に届いたばかりのマクロレンズ(ED 50mm F2.0 Macro)で撮ってみた。写真自体はまだまだ未熟だが,一部ファンから「神レンズ」とも絶賛されるこの明るい単焦点マクロレンズの持つ可能性を感じたことだった。それが2009年1月17日のことである。

 改めて今この3年前の写真を見た。今もさほど上達していないことに愕然とする。練習が,必要だ。3連休でもあるし,札幌の冬にこのレンズだけを持って待ちに出てみようかな。

[編集]

桜家のうなぎ

 2009年3月8日,三島の桜家に行ってきた。

01190.jpg

 豊橋から埼玉に研修に行く時,途中下車をして立ち寄った。桜家に来るのはこれが3回目だ。とにかくうまい。三島を通るときにはいつもここのうなぎを思い出してしまう。

01191.jpg

 北海道はうなぎを食べる習慣が薄い。
 それで,余計に,うなぎが恋しくなる。

[編集]

向山公園梅林

 2010年3月3日と4日,豊橋の向山公園に行ってきた。

01120.jpg

 ここには梅林がある。地元ではそれなりに有名なようである。朝の公園は人も少なく気持ちがいい。

01121.jpg

 写真自体は,さほどうまく撮れなかった。梅の花の前ボケを作りたいと思って色々撮ったのだが(というよりその練習に来たというのが本当である),なかなかうまくゆかない。

01122.jpg

 というわけで,お見せできる写真も少なく,単発の記事としてこの稿をお届けする。

[編集]

狐だらけ

 2011年3月28日,豊川稲荷に行ってきた。

01383.jpg

 狐だらけである。

01385.jpg

 夜に来たらさぞ恐ろしいことだろう。

01384.jpg

[編集]

続・豊川稲荷

01386.jpg

 豊川稲荷は寺である。稲荷といえば普通は神社だがここは違う。

01387.jpg

[編集]

続々・豊川稲荷

01389.jpg

 本当は正面から撮った写真もあるのだが,人の顔が分かるくらいの大きさで写ってしまったので,掲載を諦めた。

01390.jpg

 豊川稲荷編,おしまい。

[編集]

桜の名古屋城

 2008年4月初旬,松本からの帰りに名古屋城に立ち寄った。

01475.jpg

 この時期だけ公開している櫓から桜の木を通して天守閣を望むことができる。

01476.jpg

 桜の雲にお城が乗っているようなこの景観は名古屋の絶景のひとつであろう。

01477.jpg

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

名古屋城の鹿たち

01474.jpg

 名古屋城の内堀には鹿の家族が住んでいる。いつも見られるわけではないが,この日は皆出てきてくれた。

01473.jpg

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影。

[編集]

四川

 2010年5月28日,職場の仲間と一緒に名古屋の四川という店に行った。

01482.jpg

 ここの名物は陳麻婆豆腐という。ただの麻婆豆腐ではない。激辛麻婆豆腐である。皿が食卓に運ばれてくるだけでむせて涙が出た(誇張ではない)。一匙 口に含むことすら難しく,豆腐をひとかけら,それも肉味噌を極力取り除いて舌に乗せただけで水を何杯飲んでも足りないくらいの激辛である(繰り返すが誇張ではない)。

 私は一口で止した。しかしこれを食べた続けた人がいる。まず赤くなり,次いで青くなり,最後に白くなった。翌日の腹具合は七転八倒の苦しみだったという。

01483.jpg

 それ以外にこういうものもある。棒棒鶏だがタレが辛い。といっても陳麻婆豆腐ほどの辛さではない。むしろ辛い中に旨味があって実においしい。これは普通に食べられる。

01484.jpg

 担担麺も同様にうまい。

01485.jpg

 それらを皆で完食した。

[編集]

ちちみカツ…?

01870.jpg

 ちちみカツ。ついそう見えてしまう。別に記事にするようなことではないのだが…。

[編集]

簡易スタジオ

02103.jpg

 以前に紹介したものの記事を消してしまったので,もう一度この写真を掲載する。エツミ簡易撮影スタジオを使って撮影した。いわゆるブツ撮りには,光を柔らかくするために,このようなアイテムが必須である。

[編集]

吉田城

01687.jpg

 豊橋には吉田城址がある。

01688.jpg

 この櫓は再建で,しかも中身はコンクリートの味気ない感じの建物に過ぎない。

01689.jpg

 それでも,のんびりするための広場としては悪くない。豊橋に住んでいた頃は,よくここに暇つぶしに行った。

[編集]

庭のカンナ

01824.jpg
(2008年8月8日@家の庭)

 庭に咲いていたカンナを撮ってみた。このころ住んでいた社宅は庭付きだった。管理は大変だったが,花が咲くので季節ごとに楽しみだった。

[編集]

庭のムクゲ

01825.jpg
(2008年8月8日@家の庭)

 昨日の記事と同じ日に写した庭のムクゲだ。毛虫が付いて困った木だったが,花の季節は悪くない。

[編集]

妻籠宿

 2009年8月30日,妻籠から馬籠まで歩いた。

02140.jpg

 南木曽駅から妻籠宿まで,普通に歩いて1時間ほどの距離である。この時は写真を撮りながらだったからもう少しかかった。ちょうどいいハイキングである。

02141.jpg

[編集]

藁馬

02142.jpg

 妻籠宿から馬籠宿に行く途中,この藁馬を見付けた。よく作ったものだと思う。長持ちするものでもないだろうから,今もあるのかどうか,気になるところだ。

[編集]

馬籠宿

 妻籠宿から馬籠宿までさらに歩くことにした。ここは普通に歩いて2時間30分かかる。普段から歩き慣れていないとかなりきつい。途中で何度かくじけそうになった。が,歩かないと日が暮れてしまう。半分泣きながら歩いて,

02143.jpg

 やっと馬籠宿までたどり着いた。

02144.jpg

 バスまで少し時間があった。近くの食堂で飲んだビールのそれはそれはうまかったこと。

[編集]

阿寺の七滝

 奥三河に阿寺の七滝というものがある。

02145.jpg

「七滝」というと独立の滝が7つあるように聞こえるがそうではない。これが七滝だ。滝の下部から上部までを全部見通すことはできないが,7段の滝である。

02146.jpg

 観光客も割と多い。日本の滝100選に選ばれている。しかし,個人的には,以前紹介した百間滝のほうが好みである。

02147.jpg

 ちなみにこの滝は,滝から歩いて15分ほど手前に,駐車場がある。滝への道の入口には売店があり,その脇に料金箱があって,駐車場代300円を入れる仕組みになっている。料金箱は無人だが,むろん,ちゃんと払っておいた。

[編集]

七滝の上部

02148.jpg

 阿寺の七滝は,滝に沿って登り道がある。これを歩けば滝を横から見ることができる。

02149.jpg

 水量がさほどでもないので今一つ迫力に欠けるが,それでもそれなりに楽しめないでもない。

02150.jpg

[編集]

紫の花

02151.jpg

 阿寺の七滝の近くでこの花を見付けた。非常に小さいが,濃い紫色で,高貴な感じがした。

[編集]

雲の記憶

 札幌に来てから,空も雲もあまり見ていないような気がする。

01831.jpg

 豊橋にいた頃は,よく空を見ていた。それはあそこが田舎だからであろう。高い建物が少ない。ただ前を向いて歩いていれば,それだけで空が目に入る。都会はそうではない。ただ前を向いて歩いていても,目に入ってくるのはビルばかりである。空を見たければ,わざわざ上を見上げなければならない。

01832.jpg

 ぼくは,空と雲が,好きです。

[編集]

かえりみち

01833.jpg

 通勤からの帰り道。こんなすてきな空に出会った。

01834.jpg

[編集]

駅間歩き(三河塩津→三ヶ根)

 2010年10月2日,三河塩津駅から三ヶ根駅までの間を歩いた。

02087.jpg

 別に歩くのが目的だったのではない。毎日乗っていた快速電車の窓から彼岸花が見えたので,ちょっと撮ってみたいと思った。

02088.jpg

[編集]

三河塩津の彼岸花

02090.jpg

 彼岸花は9月中旬に咲くのが普通で,10月に入ると枯れてしまう。

02091.jpg

 この写真を撮ったのは2010年10月2日である。例年なら遅かったのだけれど,残暑が厳しかったのでまだ少しだけ残っていた。

02092.jpg

[編集]

球根のできる,白い,初秋の花。

02089.jpg
(2010年10月2日)

 いつもいつも花の名前が分からない。この写真の花については,実は一度名前が分かった記憶がある。しかしそれも忘れてしまった。だからここでは,球根のできる,白い,初秋の花。というように特定するしかなかった。自分の貧弱な記憶力を呪うばかりである。

[編集]

庭の白い花

02102.jpg

 豊橋に住んでいた頃,社宅の庭に,気付いたらこの白い花が咲いていた。日付は2009年10月26日。カラー写真のままだとパッとしない。モノクロにして起死回生を図る。

 どうでしょう。生き返りましたでしょうか。それとも止めが刺されましたでしょうか。

[編集]

国宝犬山城

 2010年11月13日,犬山に行ってきた。

02237.jpg

 犬山城に紅葉狩りである。

02238.jpg

 あいにくの天気で気分も晴れなかったが,

02239.jpg

 それでも,天守閣からの眺めはそれなりにいいものだった。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

やすらぎ号

 2010年11月13日,犬山城の次は寂光院に行った。紅葉の名所だというのでちょっと歩いてみたのである。犬山城からかなりかかった気がしたが,今改めて時間を確かめてみると,20分そこそこである。

02240.jpg

 その寂光院。急勾配の階段もあるが,やすらぎ号というモノレールで上まで登ることができる。

02241.jpg

 楽ちんだ。

02242.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。