スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

飛騨高山編再アップ

 飛騨高山編の写真を再アップする。

01059.jpg

 2008年12月20日のことだった。この頃は豊橋から朝4時台のムーンライトながらに乗れたので,青春18きっぷを使って10時前に高山駅まで来ることができた。今はムーンライトながらが廃止になったので,特急電車に乗っても朝の10時01分にしか着かないらしい。

00368.jpg

 とにかく旅は,ここから始まる。
スポンサーサイト

[編集]

飛騨国分寺

 飛騨高山編再アップ第2回。

 この日はあまり時間がなかったので,高山駅から歩いて行ける範囲の散歩をすることにした。

00369.jpg

 最初に向かったのがこの飛騨国分寺である。ホームページによれば,聖武天皇の勅願によって建立にされ,草建は天平18(西暦746)年,開基は行基菩薩ということである。

00370.jpg

 大イチョウは既に葉が落ちていた。巨樹である。黄金色に輝くイチョウを,次は見に来たいものだ。

[編集]

さるぼぼ

 飛騨高山編再アップ第3回。

00372.jpg

 飛騨といえばさるぼぼである。説明書きによると「母親が我が子の無事成長を願って『さるぼぼ』人形を作ったと言われています」とのことだ。

00371.jpg

 「さるぼぼ以外は,かけないでください」。

 何とも言えないおかしみを感じるのは私だけだろうか。

[編集]

さるぼぼキティーちゃん

 飛騨高山編再アップ第4回。

00373.jpg

 おみやげ屋のひとつにこの巨大なさるぼぼキティーちゃんがいた。古い街並みのどこかだったと思うが,はっきりしない。唯一ここにしかない貴重なものだと書いてあった。

[編集]

古民家

 飛騨高山編再アップ第5回。

00374.jpg

 古民家にも行ってみた。

00375.jpg

 中はこんな感じで,

00376.jpg

 お茶と煎餅が出る。
 寒い冬に,温かい気持ちになった。

[編集]

飛騨牛串焼き

 飛騨高山編再アップ第6回。

00383.jpg

 飛騨高山では,観光客向けに,飛騨牛の串焼きを売る店が多い。

00384.jpg

 レトロな人形のいる牛串の店を見付け,

00385.jpg

 ついつられて牛串を買ってしまった。
 味は,まあまあ。値段の割には少し固いような気もしたが,旅を楽しむにはちょっと買い食いしてみるのも悪くない。

[編集]

高山陣屋

 飛騨高山編再アップ第7回。

 高山陣屋にも行ってみた。

00377.jpg

 飛騨高山で最も有名な観光地であろう。この日も人がひっきりなしに訪れては写真を撮っていた。

00378.jpg

[編集]

高山陣屋の展示品

 飛騨高山編再アップ第8回。

 高山陣屋は江戸時代の代官所(後郡代)であり,つまり行政官庁と裁判所と官舎を兼ねた建物である。

00379.jpg

 それで,こういうものや,

00381.jpg

 こういうものや,

00382.jpg

 こういうものも展示されている。

 もちろんこれだけでなく,他にも蔵や庭なども見学できる。小一時間ほどたっぷり時間を取って回りたい。

[編集]

旧高山町役所

 飛騨高山編再アップ第9回。

00386.jpg

 旧高山町役所にも行ってみた。

 少し地味だが,建物として美しく,少し時間を取ってじっくり眺める価値がある。

00387.jpg

[編集]

飛騨の里

 飛騨高山編再アップ第10回。

 実は,別の日(2009年12月26日)にも飛騨高山に入っている。

00388.jpg

 その時はバスに乗って飛騨の里に行ってきた。

00389.jpg

 運よく雪が積もった。雪化粧の飛騨の里は格別に美しかった。

[編集]

キッチン飛騨

 飛騨高山編再アップ第11回。

 別の日に飛騨高山に行った時,キッチン飛騨に行った。

00392.jpg

 評判の店で,

00393.jpg

 ここの飛騨牛のステーキは今思い出してもよだれが出る。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。