スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

覚円峰

 2010年11月3日,昇仙峡に行ってきた。

00874.jpg
(覚円峰)

 この時はまだ豊橋に住んでいた。それで,JR東海の休日乗り放題きっぷ(2600円)で甲府まで行くことにした。この切符の使える西端の駅から北端の駅まで往復することになる。普通乗車券が片道4310円だから,1日で往復すれば6020円も安い計算になる。しかも,青春18きっぷと違って,特急券を買えば特急電車にも乗れる点が嬉しい。

 ちなみに,JR東海には,豊橋以西で使える「青空フリーパス」(2500円)もある。これを使えば,例えば下呂温泉まで往復することができる。

 うまく使えば大変便利な切符だと思う。御興味のある方は今年の秋の旅にいかがだろうか。
スポンサーサイト

[編集]

雨男のつぶやき

 何より,2010年11月3日の昇仙峡は,晴れたのが幸運だった。

00880.jpg

 前に載せたものと似たような写真だが,とりあえず載せておく。雨男なのかどうか,個人的に青空に恵まれることが少ないせいで,青空を背景に撮れた写真は貴重なのである。

00873.jpg

 ちなみに,同じ年の10月24日に撮ったのがこれだ。全然違う。そりゃあ,煙雨の昇仙峡だって悪くない,と強がることもできる。でも,やっぱり,せっかく遠出をするなら爽やかな青空がいいよねえ。

[編集]

尚早

 紅葉には少し早かった。

00876.jpg

 昇仙峡編の続きである。ガイドブックなどには昇仙峡の紅葉見頃は10月下旬から11月下旬とされている。しかし,覚円峰の周辺に限ってみれば,11月3日では早すぎたようである(2010年の場合)。

 こういう場合,事前に問い合わせてから行ったほうがいいのかも知れない。

[編集]

さらに紅葉を

 昇仙峡の記事を続ける。

00877.jpg

 2010年は猛暑から一転急激に気温が下がり,秋を飛ばして一気に冬が来た。そのせいか,紅葉をよく見ると,葉の傷みが目立ったような気がする。1枚1枚クローズアップすることに躊躇することが多かった。上の写真は,昇仙峡から少し上がった場所にある荒川ダムの畔でようやく見付けた綺麗な葉っぱである。写真の出来はイマイチだったが,まあ満足だった。

 ちなみに,昇仙峡から荒川ダムまでは,かなりの距離を歩かなければならない。仙娥滝から荒川ダムが見える場所まで私の足で35分かかった。しかもほとんどずっと上りである。ダムの反対側からさらに歩けば大滝という滝があったらしい。私は帰りの時間を考えて諦めた。もしダムや大滝にも行きたいならレンタカーをお勧めする。

[編集]

曇天の仙娥滝

 2010年10月24日にも昇仙峡を訪れた。

00878.jpg
(仙娥滝)

 この時,実は,11月3日の紅葉狩りの前にロケハンをするつもりで来たに過ぎない。曇天がいつまでも太陽を遮り,雨も時々降った。写真を撮るにはどうもねえ。

 と思っていたところ,予想外にも,仙娥滝の写真に限ってみれば,曇りのほうが良かったようだ。

00881.jpg

 これが11月3日の写真だ。被写体の明暗差が大き過ぎ,滝が黒潰れするか空が白飛びするか,どちらにしてもうまくいかない。曇天には曇天でしか撮れない写真があるわけだ。

 だから,これからもめげずに雨男を続けていきます。

[編集]

小作のほうとう

 2010年10月24日に昇仙峡に行ってきた。紅葉を見るためである。実際にはその日は紅葉には少し早く,あまり成果もないまま引き上げることになってしまった。それで,駅前でほうとうを食べて帰ってきた。

02068.jpg

 入った店はこの小作である。

02069.jpg

 豚肉のほうとうを頼んだような気がするが,定かでない。ただ,とてつもなくうまかったことだけを強烈に覚えている。読者の中に甲府に行かれる方があるかどうか分からない。もし機会があれば是非この店をおすすめしたい。

02070.jpg

 ちなみに昇仙峡にはもう一度,同じ年の11月3日にも行っている。この時は,少しは紅葉が進んでいた。それでもまだ早くて残念だったが,以前記事にしたので,ご覧いただければ幸いである。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。