FC2ブログ

はぐれ鹿

01807.jpg

 宮島は,本当に鹿だらけだ。至る所に鹿の群れがいて,また,はぐれ鹿がいる。

01808.jpg

[編集]

宮島からの帰路

01809.jpg

 宮島からは,フェリーで宮島口(本州側)に帰り,さらに路面電車で市街地まで戻ることにした。

01810.jpg

 今 見返してみると,無性に懐かしい。

[編集]

三段峡

 2007年8月12日,三段峡に行ってきた。広島にいた頃のことである。東京に転勤する職場の同僚から中古車を買い,それに合わせて免許を取った。それから初めての遠出だった記憶である。

01811.jpg

 姉妹滝。カメラに記録された時刻からすると11時10分に三段峡の入口に到着したようだ。姉妹滝の写真は11時20分である。なかなか良い滝だと思う。水も限りなく透明で緑色に輝いている。

01813.jpg

 これは赤滝。カメラの記録では11時51分となっている。歩き始めてから30分ということになる。

[編集]

三段峡の渡し船

 三段峡編,続き。

01814.jpg

 途中渡し船に乗る場所がある。

01816.jpg

 料金等の説明は書かれたとおり。

01815.jpg

 こういう旅も,いいものだ。

[編集]

行く手を阻むもの

 三段峡編,続き。

01817.jpg

 この時ぼくは渡し船に乗ったのだろうか。記憶が曖昧だ。しかしいずれにせよ渡し場から少し行った場所にこの看板があった。ところが,

01818.jpg

 そこからかなり歩いた挙句,

01819.jpg

 これである。

 愕然とした。しかし引き返さざるを得なかった。

[編集]

迂回路

 三段峡編,続き。

 三段滝には,結局,迂回路で向かうことにした。

01820.jpg

 ここからさらに徒歩20分。

01823.jpg


 写真の出来がイマイチなのでうまく伝わらないかもしれないが,広島県屈指の名瀑であり,間違いなくオススメである。

 三段峡編,おしまい。

[編集]

総社のサギソウ

02175.jpg

 岡山県総社市にサギソウの群生地がある。父がそこを知っているという。2010年8月18日,車で連れて行ってもらった。

02176.jpg

 撮影のための時間が十分なかったのでかえって消化不良な気持ちだけが残ったが,一応証拠写真を掲載しておきたい。

[編集]

ツリフネソウ?

02177.jpg

 蒜山高原の塩釜冷泉に行った。おいしい水で有名な場所である。その清冽な水に咲くこの花は,何だっただろうか。ツリフネソウのような気もするが,確かでない。

02178.jpg

 ちなみに塩釜冷泉はこんな感じである。

[編集]

貸自転車でサイクリング

02179.jpg

 蒜山高原に行って父の会社の保養所に泊まった。そこで自転車を借りた。元々自転車が好きである。特に,夏の高原をサイクリングすると大変気分がいい。

02180.jpg

[編集]

うなぎのくりはら

02181.jpg

 蒜山高原に1泊し,実家に帰る途中,うなぎのくりはらに寄った。

02182.jpg

 ここの鰻は絶品である。蒸さずに焼く関西風で,ぷりぷりのふわふわだ。

02183.jpg

 この店の前の道路を挟んだ向こうの空に小さな夕焼けが見えた。稲作地帯の夕暮れも郷愁をそそる。

[編集]

海峡ゆめタワー

 2007年10月13日,広島から回り道して仙崎に行き,快速みすゞ潮彩号に乗って下関まで行った。

02114.jpg

 下関では海峡ゆめタワーに登った。

02115.jpg

 かなり遠くまで見渡せる。

 写真には服の模様が映り込んでしまったが(右下の縦縞)御容赦ください。

02116.jpg

 遠くには唐戸市場がはっきり見える。

 時間つぶしで登っただけだったが,それなりに登る価値のある塔だった。

[編集]

帝釈峡

 2007年10月28日,帝釈峡に行ってきた。広島県東部の山間部にある渓谷である。広島市内からは車で行った。

02104.jpg

 この写真。撮った当時は随分いい写真が撮れたと思っていたものである。今見ると,全然なっていない。是非またここを訪れて思う存分撮り直したいものだ。

02105.jpg

[編集]

フードフェスティバル

 広島市内では秋にフードフェスティバルが開催される。場所はお城の周りだ。

02106.jpg

 毎年微妙に出店が変わる。ただ,牡蠣や地ビールなど主要なものは変わらない。 

02107.jpg

 その中で,2007年10月27日のこの祭りでは,四川飯店スーツァンレンストラン陳が目玉だった。と個人的に思っている。近くのビル「アーバンビューグランドタワー」に入っている大変おいしい中華料理店が出店元で,特に麻婆豆腐が絶品なのだ。その店が,確か500円くらいで(間違っていたらごめんなさい),麻婆丼を提供していた。

 広島は基本的に食べ物のおいしい町だが,その中でも最高峰の一つである。

02123.jpg

 ちなみに,アーバンビューグランドタワーは,上の写真の左上に写っているのがそれである。市電白島線縮景園前で降りればすぐ。ここは,観光名所の宮島や原爆ドーム,あるいは繁華街の八丁堀近辺からはやや遠い。しかし,縮景園と県立美術館はある。広島観光の際には,これらを見物しがてら,ぜひ四川飯店で昼食を取られることをおすすめしたい。

[編集]

足立美術館

 2010年11月26日から28日にかけて山陰を旅行した。1日目(26日)は夜中に米子駅に降り立ち,駅から歩いて5分のホテルに1泊する。そして翌朝レンタカーを借りて足立美術館に行った。

03466.jpg

 紅葉の美しい時期である。三脚が使えないので写真撮影はかなり制限されるものの,それでも雰囲気は伝わると思う。

02207.jpg

 この美術館は,横山大観のコレクションが素晴らしい。富士山,太陽,龍,小鳥など,大観は実に様々なものを描いていることをここに来て初めて知った。絵も,一々良い。端正で上品でいながらダイナミックな要素がある。普段は買わない絵葉書も,ここでは10枚ほど仕入れて帰った。

02208.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

安来節の里

 山陰旅行編,続き。

02209.jpg

 安来節の里は島根県安来市である。滑稽な踊りのイメージだが,実際に見たことはない。この時も何となく安来市はスルーしてしまった。次に行く機会があれば,もうちょっと,掘り下げられるだけの調査をしてみたい気がする。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

そば庄 たまき

 山陰旅行編,続き。

02210.jpg

 昼食はそばにした。この時はそば庄たまきを選んだ。あちこちに看板が出ていたからである。

02211.jpg

 味は,最高。出雲を再訪するとしてもまたここに行くだろう。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

出雲大社

 山陰旅行編,続き。

 まだ山陰旅行の2日目,2010年11月27日である。米子駅から西へ西へ。目的地は出雲大社だ。

02212.jpg

 日も傾いてきたが,時間はまだたっぷりある。妻と2人でゆっくりとお参りして回った。

02213.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

宍道湖夕景

 山陰旅行編,続き。

 出雲大社の後は,松江城に向かって車を走らせた。

02214.jpg

 途中宍道湖付近で日没を迎えた。本当はここは夕陽の名所である。しかし今回は天気が悪く,こんな感じの淡い日暮れに終わった。

02215.jpg

 一般論としては,劇的な夕焼けを見たければ夏に来るほうがよい。いずれ岡山に帰ることがあれば,宍道湖にも夕陽を撮りに行きたいものだと秘かに思っている。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

松江城

 山陰旅行編,続き。

02216.jpg

 松江城に着いたのは夕方5時前である。松江がいくら西にあるといってももう日は暮れている。薄暗い中の散策となった。

02217.jpg

 完全に日が暮れてしまうとお城がライトアップされる。ライトアップは,何だか押し付けがましい感じで本当はあまり好きでない。が,情報としては一応ここに書いておきたい。

02218.jpg

 ライトアップ用のライトの傍に,ネコがいた。たぶん,暖かいのであろう。まるでルイス・ウェインの猫のようである。見付けた時は,何か,バケモノでも出たのかと錯覚した。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

蟹づくし

 山陰旅行編,続き。

02219.jpg

 米子に帰り,妻と共通の友人と合流して,蟹料理の店に連れて行ってもらった。

02221.jpg

 久々の蟹づくしである。

02220.jpg

 お酒もおいしく,

02222.jpg

 〆の蟹雑炊までどれもこれも大変おいしかった。

 残念ながらお店の名前を覚えていない。思い出したらまた紹介したい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

境港へ

 山陰旅行編,続き。

 翌日(2010年11月28日)は,

02223.jpg

 鬼太郎電車に乗って,

02224.jpg

 境港に行くことにした。

02225.jpg

 とくべつ鬼太郎ファンでもない。それでも,こういう電車に乗れると何となく嬉しいものである。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

うえの再び

 2007年11月24日,宮島に行ってきた(以前の宮島編についてはこちら)。広島時代,県外から人が来ると宮島に行きたがるので,自分もしょっちゅう行っていたのである。

02284.jpg

 そして,宮島口で必ずここうえのに立ち寄ってあなご飯を買っていく。

02286.jpg

 とにかくうまい。ここを知っているかどうかで宮島旅行は随分違う。召しあがったことのない方は,是非一度。

02285.jpg

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

境港の駅周辺

 山陰旅行編,続き。

 境港の駅周辺で見掛けたものをランダムに載せたい。

02226.jpg

 まずは鬼太郎ポスト。よくできている。

02227.jpg

 次は街灯。よくこんな気味の悪いものを思い付いたものだ。

02228.jpg

 最後にトイレ。男の子が鬼太郎,女の子が猫娘,多目的トイレが目玉親父のイラストになっている。ここまで徹底していると,見ていて気分がいい。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

巨大なもの

 宮島編,続き。

02289.jpg

 宮島のシンボルといえばこの大鳥居である。

02287.jpg

 それとこの巨大な杓文字。

02288.jpg

 別に毎回撮らなくてもいいのだが,傍を通るとついついカメラを取り出してしまう。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

境港の町歩き

 山陰旅行編,続き。

 境港の商店街も,水木しげるで溢れている。

02229.jpg

 目玉親父,

02230.jpg

 ねずみ男,

02231.jpg

 悪魔くん,

02232.jpg

 そしてまた目玉親父。

 歩くだけで楽しい通りだ。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

あきの宮島

 宮島編,続き。

02290.jpg

 2007年11月24日の宮島はちょうど紅葉の見ごろを迎えていた。

02291.jpg

 一眼レフを持ったカメラマンもちらほら見掛けた。

02292.jpg

 残念なのは,鹿に紅葉という構図の写真を1枚も残していないことである。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

由志園

 山陰旅行編,続き。

 境港には妻と2人で行った。昼前に共通の友人と合流し,彼女のオススメの由志園に連れて行ってもらった。

02233.jpg

 寒牡丹と紅葉が素晴らしい。

02234.jpg

 園内の草木もよく手入れされている。

02235.jpg

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

あきしか

 宮島編,続き。

 といっても酒造会社ではない。

02293.jpg

 宮島には島中に鹿がいて,

02294.jpg

 海辺にも, 

02295.jpg

 山にも,どこにでもいる。

02296.jpg

 若い鹿は割と人懐っこかったりして可愛いのだ。

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

帰路

 山陰旅行編,続き。

02236.jpg

 友人には車で米子鬼太郎空港に送ってもらった。妻は群馬まで帰るので空路を使った。

02205.jpg

 ぼくはそれを見送ってから電車で豊橋まで帰る。

 今見返しても,足立美術館,出雲大社,宍道湖,松江城,蟹料理,境港,由志園と,僅か1日半とは思えないほど充実した旅だった。いい思い出である。

※ 写真はCanon PowerShot S90で撮影

[編集]

鞆の浦へ

 2007年11月10日,大学時代の友人を福山に訪ねた。

02297.jpg

 彼の車で鞆の浦に行く。

02298.jpg

 どこか懐かしい空間がここにある。

02299.jpg

※ 写真はRICOH Caplio R6で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク