スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

飛騨横谷峡編(予告)

 飛騨横谷峡編を今月中に再アップする。

01526.jpg
(黄金淵)

 写真だけになるかもしれないが,初夏の渓谷の雰囲気を伝えたい。
スポンサーサイト

[編集]

飛騨横谷峡谷へ

 2010年5月22日,飛騨横谷峡に行ってきた。

01516.jpg
(白滝)

 JR東海青空フリーパスを使ってさわやかウォーキングに参加したのである。飛騨横谷峡の「四つの滝」を巡るイベントだ。飛騨金山駅で降り,そこから1時間ほど歩いたところに渓流への入り口がある。歩くのが目的でなければ駅前からバスを使ってバス停「四つの滝」で降りれば良い。

 上の写真の白滝はその1つ目だ。晴れていたため滝が白飛びしてしまったが,雰囲気は伝わるだろう。写真を撮るなら薄曇りの日のほうが良いかもしれない。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

二見滝

 飛騨横谷峡編,続き。

01518.jpg
(二見滝)

 JR東海さわやかウォーキングは,県外から引っ越してきた自分にとって,手軽に撮影地を探せるうってつけのイベントだった。もし東海地方で撮影スポットを探したいなら,その冊子をもらってくることを強くお勧したい。

 二見滝は,四つの滝の2つ目である。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

マンネングサ?

 飛騨横谷峡編,続き。

01519.jpg

 初夏の飛騨横谷峡にはこの黄色い花が咲き誇っていた。母に名前を聞くと「メキシコマンネングサ」であるという答えが返ってきた。飛騨の山奥にそんな名前の花が生えているのだろうか。よく分からない。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

紅葉滝

 飛騨横谷峡編,続き。

01520.jpg
(紅葉滝)

 前回,さわやかウォーキングの良さを紹介した。今回の旅行のもうひとつのポイントは,青空フリーパスを使ったことである。この切符,2500円でエリア内が1日乗り降り自由で,しかも特急券を追加で買えば特急列車に乗ることができる。土日休日限定だが勤め人にとっては十分な内容だ。

01523.jpg

 以前の記事で紹介した休日乗り放題きっぷと並んで使いやすい切符である。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

花と滝

 飛騨横谷峡編,続き。

01524.jpg

 以前の記事でマンネングサかと書いた花が,鶏鳴滝の近くにもあった。

01529.jpg

 繰り返しになるが,日付は2010年5月22日である。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

黄金淵

 飛騨横谷峡編,続き。

01527.jpg

 飛騨横谷峡四つの滝のうち,前々回の紅葉滝が3つ目であり,この黄金淵のすぐ上にある鶏鳴滝が最後の滝である。写真の奥に見えているのがそれである。しかし個人的には黄金淵のほうが好みであり,むしろ鶏鳴滝メインの写真は余り撮らなかった。

 黄金淵をもって飛騨横谷峡編を終える。もし鶏鳴滝をちゃんとご覧になりたい方は,是非御自身で確かめてみてほしい。この峡谷は,自分の足で歩いてこそ意味がある。

※ 写真はオリンパスE-52014-54mm F2.8-3.5 IIで撮影。

[編集]

秋の飛騨横谷峡

 飛騨横谷峡の記事は4月にも書いた。実は2010年10月15日にもそこに行っている。その時のことは消した記事でも書いたが,写真だけでも再アップしたい。

02071.jpg

 この渓谷への行き方は,既に書いた

02072.jpg

 要するにJR東海青空フリーパスを使って飛騨金山駅で降り,そこから下呂バスでバス停「四つの滝」で降りればそこにある。

02073.jpg

[編集]

秋の白滝

 飛騨横谷峡編,続き。

02074.jpg

 白滝を,以前とは別の角度で撮ってみた。晴れていると相変わらず白飛びしてしまう。曇りの日を敢えて狙うほうが良いのかもしれない。

02075.jpg

[編集]

蔦紅葉

 飛騨横谷峡編,続き。

02076.jpg

 飛騨横谷峡・白滝の脇で,蔦の紅葉を見ることができた。モミジの紅葉(11月中旬以降)にはまだまだ早いが,10月中旬の時点でも紅葉は見られるわけである。

[編集]

秋の二見滝

 飛騨横谷峡編,続き。

02077.jpg

 次いで二見滝。写真撮影ができる空間が狭いので,広角レンズで撮ってみる。

02078.jpg

 二見滝の脇にはキツリフネが生えていた。

[編集]

雑草たち

 飛騨横谷峡編,続き。

02079.jpg

 秋の飛騨横谷峡を歩くと,

02080.jpg

 いろんな草花に出会う。

02081.jpg

 どれもこれも名前が分からない。

[編集]

秋の紅葉滝(1)

 飛騨横谷峡編,続き。

02082.jpg

 紅葉滝に来た。

02083.jpg

 10月中旬なのでまだまだ紅葉するには早い。しかしそれでも,秋の草が滝壺の周りに生えていて,初夏とは全く違う印象になっていた。

[編集]

秋の紅葉滝(2)

 飛騨横谷峡編,続き。

02084.jpg

 この滝は,正面から見るのと横から見るのとで全然表情が違う。お得な滝だと思う。

[編集]

秋の黄金淵

 飛騨横谷峡編,続き。

02085.jpg

 相変わらず黄金淵は美しい。しかしこの時点で少し曇り始めたため,全体に眠たい感じになってしまった。

02086.jpg

 下呂バスの停留所「四つの滝口」からバスに乗って豊橋に帰る。バスの本数が少ないので時刻表を押さえておくことが重要だ。乗り損ねると泣くに泣けない悲惨な立場に置かれてしまう。時刻表は,来しなにバス停で降りた時に携帯電話で写真を撮っておくと便利である。

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。