スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

今月の話題

 記事数が少ない月がしばらく続いたが,今月は記事にする写真がそれなりにある。原則としてその月には前年翌月(2015年4月には2014年5月)の写真を記事にすることに決めていて,昨年の5月は妻とほぼ週末ごとにドライブに出掛けたからである。

04132.jpg

 今月は,まず長谷寺・室生寺編をお届けする。写真は室生寺。ここにはずっと行きたかったが,交通の便が極端に悪く,これまで果たせないでいた。次いで嵯峨野。ここだけはマイカーでなく電車とバスで行った。さらに姫路城。最後は淡路島編を書いてみたい。

(続く)

※ 写真はE-PL5で撮影
スポンサーサイト

[編集]

牡丹の長谷寺

 長谷寺・室生寺編,続き。

04133.jpg

 これまで長谷寺には3度参拝した。桜編寒牡丹編を過去にアップロードしている。だが言うまでもなく長谷寺は牡丹が最も有名である。関西に引っ越してきて初夏に旅行に行く以上,長谷寺以外の目的地は思い浮かばなかった。

04134.jpg

 日付は2014年5月3日。時間はよく分からない。デジタルカメラの時計が狂っていたからだ。1枚目の写真のデータは午前7時26分となっている。おそらく午後1時26分のはずである。前年夏にトルコに行った時,6時間の時差があった。帰国後これを元に戻さなかったのに違いない。これから書く時間は全部,デジカメの時計が6時間遅れているという仮定に立っている。

04135.jpg

 神戸からの道のりは遠かった。距離があるのもさることながら,連休で高速道路が渋滞していた。特に奈良県に入ってからが長く,予定より1時間半ほど遅れて長谷寺に到着した。

04136.jpg

 来てよかった。桜も良かったが,牡丹もまた期待以上に見事である。よく手入れされた長谷寺の花壇と境内は,訪れる人に対する限りない優しさを象徴している。日本で最も好きな寺を1つ挙げよといわれたら,私はいつも迷わずこの寺の名を口にする。

※ 写真はE-PL5で撮影

[編集]

長谷寺の茶席

 長谷寺・室生寺編,続き。日付は2015年5月3日だ。連載記事なので初回の記事にも同じことを書いてあるのだが,記事ごとに書いておいた方が後から読んだとき分かりやすいので,煩わしいのを覚悟で一々書いている。

04137.jpg

 長谷寺には昼過ぎに着いた。長谷寺の境内は広い。山門から登廊(のぼりろう)を登って本堂まで登る。本堂で十一面観世音菩薩像に手を合わせ,左手奥の道に進み,三重塔の横を通って,竹藪などを見ながら降りてくる。1時間かけても少し忙しいくらいである。

04138.jpg

 今回はお茶を飲んだ。登廊の最初の曲がり角の手前に脇道が伸びていて,その突当りの建物でお茶を飲むことができた。お茶が飲めたのは今回が初めてで,いつもはそのようなことはしていない。

04139.jpg

 茶室というほどのものはないが,椅子に座って飲むことができた。窓の外の庭もよく手入れされている。

04140.jpg
(最後の写真は,室内からではなく,玄関の外から登廊のほうを写したもの)

 ちなみに昼食は,長谷寺参道の「大和屋」というところで,素麺と柿の葉寿司を食べてきた。絶品というほどのものでもないが,そう悪くもなかった記憶である。長谷寺周辺は,参道を離れると食事処が少なく,昼食や夕食には苦労する。それなら,観光地価格と割り切って参道の店に入るのも,一つの選択肢のように思われた。

(続く。)

※ 写真はE-PL5で撮影

[編集]

石楠花の室生寺

 長谷寺・室生寺編,続き。

04144.jpg

 牡丹の長谷寺に対して室生寺は石楠花である。これもちょうど季節だった。

04145.jpg

 我々は車で行ったが,この時期室生寺へは長谷寺からバスの直行便が出ているようである。

※ 写真はE-PL5で撮影

[編集]

石楠花の道

 長谷寺・室生寺編,続き。

04146.jpg

 室生寺の境内も広い。

04147.jpg

 長谷寺も広いが,そっちは面として広いのに対し,室生寺は線状に長い。

04148.jpg

 道の脇には石楠花が咲いている。

04149.jpg

 奥の院まで歩いてみた。
 かなりの高低差があった。
 駐車場まで帰ってきた時には膝がプルプル震えていた。

04150.jpg

 この後天理市回りで神戸に帰った。行きとルーとが違ったためか帰りは大きな渋滞もなく,スムーズに帰れた。今は,いつか紅葉の長谷寺に行ってみたいと考えている。

※ 写真はE-PL5で撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。