スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

八津のカタクリ(1)

 2013年のGW前半は,東北を旅行した。

03550.jpg
(2013.4.27)

 桜を撮るのが目的だった。角館と松前城を回る予定だった。が,この年は寒く,角館では桜など一輪も咲いていない。しかも雨。仕方がないので当面はカタクリに目標を変えた。秋田内陸鉄道で角館から3駅の八津というところに群生地があるという情報を得たからである。

03551.jpg

 この旅では,最後まで,当初の予定と全く違う足取りになった。(続く)

※ 写真はオリンパスE-5ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影
スポンサーサイト

[編集]

八津のカタクリ(2)

 '13東北旅行編,続き。

03552.jpg

 2013年4月27日。秋田県仙北市,秋田内陸鉄道の八津駅付近にカタクリの群生地である。

03553.jpg

 ここにはこの場所を管理している人がいて,ここの花の説明をしてくれた。このカタクリの花は8年以上のものだという。私はカタクリもタンポポのように毎年同じ花が同じように咲くのかと思っていた。それは間違いで,1年目のカタクリは花もつかないほど細く,何年もかけてようやく花が咲くまでに成長するのだそうだ。健気なものだ。これまでにも増してこの花が愛おしくなる。

※ 写真はオリンパスE-5ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

快速ジパング号

 '13東北旅行編,続き。

 2013年4月27日は大曲に泊まった。角館にできるだけ近くてまあまあ安い宿が取れたのがここだったからである。角館には桜を撮りに来た。が,全く咲いていない。仕方ないのでスマホで桜の開花情報を確認した。平泉が5分咲きだという。急いで電車を検索する。盛岡から快速ジパング号というものが出ているらしい。面白そうだ。指定席を買う。

03554.jpg

 乗って大正解。黄金の国ジパングの名に恥じない高級感がたまらない。私は当日の早朝に指定券を取ったから席があったが,取りそびれると普通のつまらない席になる。

03555.jpg

 平泉では,参道の入り口のこの桜と,

03556.jpg

 参道の左手を進んだところにあるこの場所とが少し咲いている程度で,桜自体は事前情報どおりの5分咲きだった。そのことは残念だったが,しかし,ジパング号に乗れただけでも今回の旅行には十分な価値があったと思っている。

03557.jpg

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

水沢公園

 '13東北旅行編,続き。

03558.jpg

 相変わらず2013年4月28日。

 平泉の桜が5分咲きだったので,さらに予定を変更し,水沢公園に行った。ウェブの情報ではこの公園なら満開だということだったからである。実際そのとおりだった。

03559.jpg

 が,写真の撮影地としては今一つだったことは否めない。というのも,ここは飽くまで花見の名所であり,そのような公園では人が多くて撮影に専念できないし,電線などの人工物も多く,絵になるものが多くなかったわけである。

 写真を撮るなら,一本桜を探して歩いたほうが良いようだ。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

開花前の弘前城

 '13東北旅行編,続き。

 2013年4月29日は弘前城に行ってみた。ここは全国でも有数の桜の公園で,しかも空襲を受けていないため城の天守閣も残っており,いい写真が撮れるに違いないと思っていたのである。例年ならGW前半に桜が咲くはずなので,前日に青森に宿を取り,朝一番でやってきた。

03560.jpg

 桜祭りの燈籠が寂しい。残念な状況だ。といっても,おそらくこんな状態だろうということは事前にスマホで調べて分かっていた。一応自分の目で確認してから次の行動に移らないと,せっかく来たのに納得できなかっただけのことである。

03561.jpg

 ごくごく例外的に咲いている桜もあったが,このようなものを延々と探し続けて時間を無駄にすることは避けたい。早めに見切りを付けて,桜が満開だという由利本荘に足を向けた。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWD(1枚目)or ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(2枚目)で撮影

 '13東北旅行編,続き。

[編集]

由利本荘

 '13東北旅行編,続き。

03562.jpg

 2013年4月29日,弘前城の桜に見切りを付けて南下することにし,由利本荘に向かった。結構な長旅だったが,札幌発の北東北フリーきっぷがあったので,これをフル活用してやろうと思った。これがあれば,あとは特急料金を足すだけで北東北を自在に移動できる。(書き忘れたが,今回も札幌から急行はまなすで青森に降り立ったのである)

03563.jpg

 右奥に小さく薄く見えるのが鳥海山だと思う。

03564.jpg

 そういえば由利本荘でも桜祭りをやっていた。そこで落語もやっていた。私は古典落語が好きで,米朝と圓生のファンである。祭の落語はタダだったので,聞いてみた。割と面白かった。こういう経験をすると,行き当たりばったりの無計画な旅行もいいものだと思う。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWD(1,2枚目)or ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(3枚目)で撮影

[編集]

ふんわり

 '13東北旅行編,続き。

03565.jpg
(2013.4.29@由利本荘)

※ 写真はオリンパスE-5ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで撮影

[編集]

ヤマトの車両

 '13東北旅行編,続き。

03566.jpg

 羽後本荘駅で,宇宙戦艦ヤマトの絵を車体に描いた電車を見掛けた。この電車を見るためにここを訪れる人も少なくないに違いないが,私はただ偶然これに出会った。この電車が松本零士やヤマトとどのような関係があるのか気になったが,調べてみてもよく分からない。

03567.jpg

 羽後本荘駅では時間が余った。持ってきた文庫本も読んでしまった。駅の売店の少ない選択肢の中から『ビブリア古書堂の事件手帖』を選び,読んでみた。軽く読めるが,推理物としては,古書の知識を活かして推理するというのが新鮮で,推理にも一見して分かるような無理はなく,面白いと思った。

 旅行の暇つぶしが,いい本との出会いを生んでくれた。

※ 写真はオリンパスE-512-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。