スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

前橋・敷島公園ばら園

 2012年10月6日から8日にかけて,前橋と高崎を妻とともに訪れた。

 1日目は前橋を観光してから駅近くのホテルに泊まり,2日目は朝から高崎に向かって駅前に宿を取って,3日目は引き続き高崎を観光してから駅で別れた。全体としては悪くない旅程だったと思うので,紹介したい。

03162.jpg

 最初に目指したのは前橋にある敷島公園のばら園である。行ってみると,ばらの種類は確かに多い。園内も広かった。ばらの咲く時期でもある。しかしどことなく感動の薄い場所だった。これは妻とも一致した意見である。

03163.jpg

 悪いのは園の構成そのものだと思う。ただ広い。そこに,いわば「ばらという植物」をただ単に展示しているに過ぎない。ばらの密度も薄く,見応えというものもなかった。ばら園というのはそういうものではないはずだ。もう少し配置や見え方に工夫してくれないと,集客力は備わらないのではないか。

 今後に期待したい。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 45mm F1.8で撮影
スポンサーサイト

[編集]

群馬県庁

 前橋・高崎編,続き。

03164.jpg

 昼時になったので群馬県庁に行ってみた。ここには展望台がある。この近辺で最も高い建物である。街を見下ろし,山並みを見ながら,展望レストランで昼食を取ることにした。

03165.jpg

 日本料理くろ松の新郷土料理「ちぎりっこ」。値段は787円。この値段とは思えないほどおいしかった。野菜もたっぷり入っている。今度前橋に行ってもまた食べたいと思う味だった。県庁のビルにこういう良い料理屋が入っているのは,職員にとっても利用者にとっても観光客にとっても,いいことだと思う。

03166.jpg

 そうそう。県庁ビルには立体駐車場がある。私は,立体駐車場というもの自体,ここで初めて利用した。何だか怖い感じがして,これまで避けてきたのである。使ってみると,係員がちゃんと誘導してくれて,思っていたほど難しくないことが分かった。2時間までは無料だし,便利だと思う。

03167.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

前橋公園

 前橋・高崎編,続き。

03168.jpg

 前橋県庁の展望台を後にしてから,前橋市内を歩いて散歩することにした。まずは県庁の裏にある前橋公園に行ってみた。ここには「さちの池」という池がある。鶴の形をしている。群馬県が飛翔する鶴の形をしているからだという。鶴の舞う姿の銅像もあった。

03169.jpg

 この公園には桜の木が植えられている。時期が10月上旬だったため花は咲いていないが(秋にも咲く桜はあるが,ここのはそういう種類のものではないようだ),4月にくれば,桜が美しいに違いない。

03170.jpg

 代わりに彼岸花が咲いていた。彼岸花の季節は普通9月中旬から下旬で,10月上旬に咲いているのは珍しい。この年は記録的な猛暑で残暑も長く続いた。そのせいで彼岸花も紅葉も全部が少しずつ遅れた。――ひょっとしたら,温暖化で,これからは段々それが普通になっていくのかもしれない,という不安はいつも頭の中にある。

03171.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

臨江閣

 前橋・高崎編,続き。

03172.jpg

 臨江閣にも行った。明治期の貴重な木造建築である。

03173.jpg

 群馬県庁の近くで歩いて行ける範囲で,一番いいと思った場所がここである。明治天皇が行幸の際に泊まったということでも有名らしい。二階には大広間もあって,畳の数を数えてみたら150畳ほどもあった。

03174.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

チィニョ

 前橋・高崎編,続き。

03175.jpg

 前橋の夜景はこんな感じだった。といっても,以前紹介した県庁の展望台から見たものではない。夕食を取ったレストランの入っている,前橋テルサというビルの12階からの景色である。

03176.jpg

 レストランは「チィニョ」という。ワインの飲み放題もあったりして,なかなかお得なメニューが揃っている。味も悪くなかった記憶で,値段相応というところだと考えていい。ちなみに「チィニョ」はイタリア語で「白鳥」の意味だそうである。

 宿はホテル「サンダーソン」にした。楽天トラベルでの評価が高く,部屋も広そうだったので,ここを選んだ。部屋の構造が少々変わっているが,清潔で設備も整っているので,居心地も悪くない。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

高崎観音

 前橋・高崎編,続き。

 1日目は前橋に泊まったが,2日目は朝から高崎に向かった。最初の目的地は高崎観音である。近くの駐車場に車を停め,参道を歩くと,まもなく観音像の下に辿り着く。

03177.jpg

 デカい。ホームページによれば,造られたのは昭和11年で,高さは41.8mであるという。思っていたより古かったのでびっくりした。戦後のものかと誤解していたのである。拝観料を払えば中に入って途中まで登ることができる。上まで行けば高崎市街を一望することができるので,見ておいて損はない。

 この後,駐車場には戻らず,少し歩いて吊り橋まで行った。「ひびき橋」という。観音像の近くの案内図では歩いてすぐと書かれていたが,実際にはかなり歩いた。吊り橋自体は特に特徴のないもので,敢えて行かなくても良かったんじゃないかと思われた。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

洞窟観音

 前橋・高崎編,続き。

03178.jpg

 高崎観音から吊り橋まで歩いた後,洞窟観音を見に行った。中には39体の観音像が安置されている。大正8年着工,昭和39年完成というから,ここの歴史もそう古いことではない。大金持ちが巨額の資産を全て注ぎ込んで作ったという,成り立ち自体に興味を引かれる場所である。

03179.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

そばっ喰ひ

 前橋・高崎編,続き。

03180.jpg

 高崎観音ちかくの駐車場から高崎市街に向かう下り坂を車で降っていると,「新そば」というのぼりがあった。その指し示す細い道を(想像よりかなり長い距離)進んだところに,この店がある。

03181.jpg

 大変な人気ぶりで,席に座るまでに30分は待った。そばと天婦羅とそばがきを注文をしてからさらに30分は待った。おいしかったし我々は時間もあったので問題はなかったが,「そばならすぐ食べられるだろう」という思惑でこの店を選ぶと,見込みを間違うことになる。

03182.jpg

 冷たいそばは「皿盛りそば」(600円)しかない。ただし,つけ汁は別に注文する。「大根おろし」(200円)か「くるみ」,「梅おろし」(各300円)の3種類がある。そばのおかわりは半人前が無料だが,その代わりに最初から1.5人前を頼んでもよい。野菜の天婦羅は400円という安さだ。

03183.jpg

 何とも不思議なシステムだ。が,客がそばを自分の好みで食べられるようにするために,非常によく考えられていると思う。繰り返すがこの店はかなりおいしく,そのことも加味して考えれば,価格設定も良心的だと思う。

03184.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

少林山達磨寺

 前橋・高崎編,続き。

 昼食の「そばっ喰ひ」で思わぬ時間を取られた。高崎観光の場所を少し絞り込まざるを得ない。予定していた市内の美術館を諦めて,少林山達磨寺に直行することにした。

03185.jpg

 全国的にも有名な,だるまさんのお寺である。行ってみると,実際,多数のだるまが奉納されている。だるまの大きさやデザインも様々で,

03186.jpg

 中には金ぴかでウインクしているものまであった。

03187.jpg

 達磨堂には全国のだるまが集められている。そこを見ると,多くの人が「だるま」と言えば思い浮かべるであろう高崎のだるま以外にも,実にさまざまなだるまがあることが分かる。それから,達磨堂の中には,福田赳夫,中曽根康弘,小渕恵三といった群馬県出身の総理大臣のだるまもある。別にこれを見に行ったわけではないが。

03188.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

鼻高展望花の丘(コスモス)I

 前橋・高崎編,続き。

03190.jpg

 3日目(2012年10月8日)は,朝ホテルを出てから,高崎市街から少し離れたところにある鼻高展望台に行った。ちょうどコスモスの季節である。カーナビに登録されていたが,道は少し分かりにくく,迷いながらも何とか辿り着いた。

 上の写真はコスモスの迷路で撮った。この時期,(この年だけだったかもしれないが)オレンジ色のコスモスで迷路が作られていた。大人の我々でも割と苦労しないと出口まで着けなかったので,子どもにとってはいい遊び場になりそうだった。

03189.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

鼻高展望花の丘(コスモス)II

 前橋・高崎編,続き。

03191.jpg

 前回に引き続き,高崎市郊外の鼻高展望台である。前回の記事で書き忘れたが,花畑はやや臭い。近くに牛舎か何かがあるらしい。車を降りた瞬間,ウェっとなった。ここはあまり長居するには向かないと思った。が,しばらくいる間に慣れてしまった。

03192.jpg

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

支那そば なかじま

 前橋・高崎編,続き。

03193.jpg

 高崎一おいしいと評判の,支那そば「なかじま」である。

03194.jpg

 我々は店の専用駐車場に停めた。しかし駐車スペースは3台分しかなく,タイミングが悪いと全然停められない。店の向かいにホームセンターがあるので,そこに停めてしまうほうが賢明かもしれない。

 前橋・高崎編,おしまい。

※ 写真はE-PL1sM.ZD 14-42mm F3.5-5.6 IIで撮影

[編集]

プロフィール

もじゃぽっくる

Author:もじゃぽっくる
神戸在住/35歳/男

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。